撮像素子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CCDイメージセンサの例

撮像素子(さつぞうそし)とは画像を電気信号に変換する素子である。可視光だけでなく、赤外線紫外線X線に感度のある撮像素子などもある。

概要[編集]

光を光電効果による光電変換によって電気信号へ変換する素子の開発は、20世紀初頭からエレクトロニクスの発展と共に進み、20世紀初頭において既に機械式テレビジョンは一定の成功を収めた。テレビジョンに関してはその後、電子的に走査する撮像管により、全電子式テレビジョンシステムの送出側が完成した。

戦後は半導体エレクトロニクスの進歩により固体撮像素子が進歩した。まず、電荷結合素子(CCD)[1]によるCCDイメージセンサが、続いてCMOSイメージセンサも開発された。現在では、カラーフィルタの不要なFoveon X3有機薄膜撮像素子[2][3]、開口度の大きさなどが特長の背面照射型CCD、などが開発されている。

X線撮像素子[編集]

フラットパネルディテクター(FPD)がレントゲン写真の撮影に使用される[4][5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イメージセンサへの応用が特に中心的であるため、CCDといえばイメージセンサ、といったように思われがちであるが、シフトレジスタとして信号処理に使うなど、CCDの利用はイメージセンサに限られない。
  2. ^ 撮像素子にも有機素材の波 ‐有機薄膜を採用したCMOSセンサー技術を開発
  3. ^ パナソニック、有機薄膜CMOSイメージセンサーを開発発表
  4. ^ TFTアレイを利用した医療用大面積 X 線ディテクタ
  5. ^ 新しいX線撮影システムの開発

文献[編集]

  • G.F., アメリオ (1974年4月). “画期的な半導体“電荷結合素子””. サイエンス: 30.