光電変換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

光電変換(こうでんへんかん)とは、光電効果により、物質の電気的性質や電子の状態が変化することを利用して、光の持つ情報を電気信号に変換すること。あるいは逆に物質の電気的性質や電子状態が変化すると発光することを利用して、電気信号を光信号に変換することも光電変換という。

光電変換をする素子のことを光電変換素子という。また、カメラなどの基幹部品として使われる、何らかの像を撮るものを撮像素子という。

[編集]

光→電気の変換をするもの

電気信号→光信号の変換をするもの