野口遵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野口遵

野口 遵(のぐち したがう、1873年7月26日 - 1944年1月15日)は、日本実業家。日本窒素肥料(現・チッソ)を中核とする日窒コンツェルンを一代で築いた。「電気化学工業の父」や「朝鮮半島の事業王」などと称された。チッソの他にも、旭化成積水化学工業積水ハウス信越化学工業の実質的な創業者でもある。

朝鮮半島進出後の野口遵は政商であった。朝鮮総督府の手厚い庇護の下、鴨緑江水系に赴戦江発電所など大規模な水力発電所をいくつも建設し、咸鏡南道興南(現・咸興市の一部)に巨大なコンビナートを造成した。さらに、日本軍の進出とともに満州海南島にまで進出した。森矗昶鮎川義介などと共に当時、「財界新人三羽烏」として並び称されていた[1]

履歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『挫折した理想国 - 満州国興亡の真相 - 』(古海忠之片倉衷現代ブック社、1967年) P218
  2. ^ 『野口遵翁追懐録』(新日本窒素肥料内 野口遵翁追懐録編纂会、1952年9月10日)

関連項目[ソースを編集]

  • 森矗昶 昭和肥料(現・昭和電工)を率いた実業家。野口遵が終生、ライバルとして意識していたという。奇遇にも、野口遵の日本窒素肥料は水俣病、森矗昶の昭和電工は第二水俣病という公害病を引き起こした。

参考文献[ソースを編集]

  • 中国地方電気事業史編集委員会編『中国地方電気事業史』中国電力、1974年。

外部リンク[ソースを編集]