小田切新太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小田切 新太郎(おだぎり しんたろう、1907年8月12日[1] - 1997年4月17日)は、日本の経営者信越化学工業社長、会長を務めた。長野県上高井郡須坂町(須坂市)出身[1]

経歴[編集]

旧制長野中学を経て、1932年早稲田大学商学部を卒業し、同年に信越化学工業に入社[1]

1948年6月に取締役に就任し、常務、専務を経て、1971年7月に副社長に就任し、1974年7月に社長に昇格し、1983年8月には会長に就任[1]

1983年4月に勲二等瑞宝章を受章[1]

1997年4月17日呼吸不全のために死去[2]。89歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 人事興信所 1985, お48頁.
  2. ^ 1997年 4月18日 日本経済新聞 夕刊 p17

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第33版 上』人事興信所、1985年。 
  • 信濃毎日新聞社 編『長野県人名鑑』
先代
小林周蔵
信越化学工業社長
1974年 - 1983年
次代
小坂雄太郎