金児昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金児 昭(かねこ あきら、1936年 - 2013年12月19日)は、日本実業家、経営評論家。信越化学工業顧問、元金融監督庁顧問。

来歴・人物[編集]

東京都出身。東京都立大泉高等学校を経て、1961年に東京大学農学部農業経済学)を卒業し、信越化学工業に入社する。一貫して経理、財務部門でキャリアを重ね、1992年に同社の常務取締役(経理、財務、法務、資材関係担当)に就任。同職を1999年まで務める。また、公認会計士試験(筆記・口述)試験委員や金融監督庁顧問(企業会計担当)等も務めた。

衆議院議員の亀井静香とは、大泉高校で同学年だった。

2013年12月19日に心不全のため死去[1]

社会的活動[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 経営評論家の金児昭さん死去 有名人の葬儀 2013年12月25日閲覧

外部リンク[編集]