金子昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 昭(かねこ あきら、1961年 - )は、日本の倫理学者天理大学附属おやさと研究所教授博士(哲学)

略歴[編集]

  • 1961年、奈良県天理市に生まれる
  • 1989年、慶応義塾大学大学院文学研究科哲学専攻)博士後期課程修了、天理大学附属おやさと研究所助手就任。
  • 1993年、『シュヴァイツァー その倫理的神秘主義の構造と展開』にて論文博士号(博士(哲学)、慶應義塾大学)。
  • 1994年、同論文にて和辻賞(日本倫理学会賞)受賞。
  • 2003年、天理大学附属おやさと研究所教授に昇任。

著書[編集]

  • 『シュヴァイツァー - その倫理的神秘主義の構造と展開』(白馬社1995年) - 博士論文
  • 『天理人間学総説 - 新しい宗教的人間知を求めて』(白馬社、1999年
  • 『駆けつける信仰者たち - 天理教災害救援の百年』(天理教道友社2002年
  • 『驚異の仏教ボランティア - 台湾の社会参画仏教「慈済会」』(白馬社、2005年
  • 『天理経営論総説』(天理大学おやさと研究所、2010年

共著[編集]

  • 『宗教原理主義を超えて』(富岡幸一郎との共著、白馬社、2002年)

翻訳[編集]

参考文献[編集]

  • 『驚異の仏教ボランティア - 台湾の社会参画仏教「慈済会」』(白馬社、2005年)

外部リンク[編集]