博士(哲学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

博士(哲学)(はくし てつがく)は、博士学位の一つである。

概要[編集]

哲学に関する専攻分野を修めることによって、1991年以降に日本大学で授与されるものである。

1991年以前の日本では授与されておらず(「哲学博士」という学位の種類は規定されていない)、哲学を修めた者には文学博士等が授与されていた。

Ph.D.との混同[編集]

米国の博士の学位であるPh.D. (Doctor of Philosophy)は、直訳すると「哲学博士」となるが、Philosophyは一学問分野としての哲学ではなく、広く学術一般を意味しているため、1991年以降に日本の大学が授与している「博士(哲学)」のことではない。

米国において哲学を修めた場合に得られる学位、及び日本の博士(哲学)の英訳は Ph.D. in Philosophy である。

授与大学[編集]

2008年現在で、以下の大学が「博士(哲学)」を授与している。


関連項目[編集]