市村和昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

市村 和昭(いちむら かずあき、1957年8月11日 - )は、長野県軽井沢町出身の元スピードスケート選手、元競輪選手日本競輪学校第48期生。長野県軽井沢高等学校明治大学出身。

競輪選手としての登録地は当初は東京であったが、後に長野へと移った。

略歴[編集]

スピードスケート選手時代[編集]

1975年全国高等学校総合体育大会で500m、1500mの2種目を制覇。1976年に高校総体の500mで優勝。1979年1980年には全日本スプリントスピードスケート選手権大会で総合2連覇を達成した。

1980年、レークプラシッドオリンピックの500m(20位)、1000m(25位)に出場した。

競輪選手時代[編集]

1980年日本競輪学校に48期生として入学した。スピードスケート選手の競輪界入りはそれ以前に例がなく、市村の転身は周囲を驚かせた。

1981年10月27日大宮競輪場でデビューし1着。1982年-1993年頃まではビッグレースに度々参加していたが、特筆すべき成績は挙げていない。2014年1月7日付で引退した。

主な弟子に、自身と同じくスピードスケートから競輪選手へと転身した伊藤大理(85期)や上原龍(95期)がいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]