上原大祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上原 大祐(うえはら だいすけ、1981年12月27日 - )は、日本の元アイススレッジホッケー選手。長野県北佐久郡軽井沢町出身。長野大学社会福祉学部を卒業。現在は特定非営利活動法人 D-SHiPS32の代表として活動中。

人物像[編集]

生まれつき二分脊椎という障害を抱えながらも、小・中・高と普通学級で過ごす。

19歳の時にアイススレッジホッケーに出会い、トリノパラリンピックバンクーバーパラリンピックに出場。バンクーバーでは銀メダルを獲得した[1]

2014年6月9日に自身のブログにて、アイススレッジ競技から引退することを宣言。

脚注[編集]

外部リンク[編集]