ボアルネ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボアルネ家Maison de Beauharnais)は、フランス貴族ナポレオン時代に有力となり、ヨーロッパの諸王家と縁戚関係を形成した。

ブルターニュに起源を持ち、14世紀オルレアンに移る。フランス革命期のアレクサンドル・ド・ボアルネ子爵は、ジョゼフィーヌとの間にウジェーヌオルタンスを儲けた。

ジョゼフィーヌがナポレオン・ボナパルトと再婚すると、ウジェーヌはナポレオンの養子となり、後にイタリア副王に任じられた。オルタンスはナポレオンの弟ルイの妻となった。ルイとオルタンスの間に生まれたのがナポレオン3世である。

主な人物[編集]

系図[編集]

クロード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クロード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランソワ
 
アレクサンドル
 
ジョゼフィーヌ
 
ナポレオン1世
フランス皇帝
 
 
 
 
 
 
クロード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウグステ
バイエルン王女
 
ウジェーヌ
イタリア副王
ロイヒテンベルク公
 
シャルル・ド・フラオ
 
オルタンス
 
ルイ・ボナパルト
ホラント王
 
ステファニー
=バーデン大公カール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャルル・ド・モルニー
(私生児)
 
ナポレオン・ルイ・ボナパルト
ベルク大公
 
ナポレオン3世
フランス皇帝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョゼフィーヌ
=スウェーデン王オスカル1世
 
ウジェニー
=ホーエンツォレルン=ヘヒンゲン侯コンスタンティン
 
オギュスト
ロイヒテンベルク公
 
 
ペドロ1世
ブラジル皇帝
 
アメリー
 
テオドランド
=ウラッハ公ヴィルヘルム1世
 
マクシミリアン
ロイヒテンベルク公
 
マリア・ニコラエヴナ
ロシア大公女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリア2世
ポルトガル女王
 
フェルナンド2世
ポルトガル王配
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリア
=バーデン大公子ヴィルヘルム
 
ニコライ
ロイヒテンベルク公
 
エヴゲニヤ
=オルデンブルク大公子アレクサンドル
 
エヴゲニー
ロイヒテンベルク公
 
セルゲイ
 
ゲオルギー
ロイヒテンベルク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレクサンドル
ロイヒテンベルク公
 
セルゲイ
 
エレナ