アウグスト (ロイヒテンベルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウグスト
Augusto
ボアルネ家
G. Dury - Portrait of Dom Augusto, Duke of Leuchtenberg - Google Art Project.jpg
ロイヒテンベルク公アウグスト
ジョージ・ダリー画、1835年頃、立ピナコテッカ美術館蔵)
称号 ロイヒテンベルク公
サンタ・クルス公
全名 Augusto Carlos Eugênio Napoleão
アウグスト・カルルシュ・エウゲーニオ・ナポレアン
August Karl Eugen Napoleon
アウグスト・カール・オイゲン・ナポレオン
Auguste Charles Eugène Napoléon
オギュスト・シャルル・ウジェーヌ・ナポレオン
身位 ポルトガル王配
出生 (1810-12-09) 1810年12月9日
Flag of the Napoleonic Kingdom of Italy.svg イタリア王国ミラノ
死去 (1835-03-28) 1835年3月28日(満24歳没)
Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボン
埋葬 Flag Portugal (1830).svg ポルトガル王国リスボンサン・ヴィセンテ・デ・フォーラ修道院ブラガンサ王家霊廟ポルトガル語版
配偶者 マリア2世
父親 ウジェーヌ・ド・ボアルネ
母親 オギュスタ・ド・バヴィエール
テンプレートを表示

アウグスト・カルルシュ・エウゲーニオ・ナポレアン・デ・ベアウアルナイスポルトガル語: Augusto Carlos Eugênio Napoleão de Beauharnais, 1810年12月9日 - 1835年3月28日)は、ポルトガル女王マリア2世の最初の王配ドイツ語名はアウグストAugust)、フランス語名はオギュストAuguste)。

生涯[編集]

ヴェネツィア公ウジェーヌ・ド・ボアルネとバイエルン王女オギュスタ・ド・バヴィエールの長男として、ミラノで生まれた。姉にスウェーデン王妃ユセフィナ、妹にブラジル皇后アメリアがいる。

1824年、父の死によりロイヒテンベルク公位を継承した。

1834年12月1日、ミュンヘンでマリア2世の代理人による結婚式を挙げた。結婚と同時にアウグストはサンタ・クルス公となった。1835年1月にポルトガルに到着。1月26日に正式な結婚式をリスボンで挙げ、正式なポルトガル王配となったが、それからすぐに肺結核にかかり、わずか2ヶ月後に急逝した。死後、弟のマクシミリアンがロイヒテンベルク公位を継いだ。

先代:
オイゲン
ロイヒテンベルク公
第2代:1824年 - 1835年
次代:
マクシミリアン