熊谷正寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くまがい まさとし
熊谷 正寿
生誕 (1963-07-17) 1963年7月17日(54歳)
日本の旗 日本 長野県東御市
職業 実業家

熊谷 正寿(くまがい まさとし、1963年7月17日 - )は、日本経営者GMOインターネットの代表取締役会長兼社長・グループ代表。長野県東部町(現・東御市)出生、東京都育ち。國學院高等学校中退。放送大学在学期間満了除籍[1]

来歴・人物[編集]

実父は神楽坂を中心に不動産飲食店パチンコアミューズメントを営む熊谷興業の創業者(同社の現・社長は異母弟の熊谷誠)。

景気循環と太陽黒点周期が連動するという説を信じている[2]

略歴[編集]

  • 1991年5月 - 株式会社ボイスメディア設立、ダイヤルQ2で出会い系コンテンツの配信と専用機器の販売をしていた。全国規模で展開し、各地にはパソコン通信やプロバイダーのアクセスポイントに似たアクセス拠点となるテレホンセンターを設置していた。
  • 1995年11月 - 普及しはじめたインターネットに注目、商号をインターキュー株式会社に変更。
  • 1999年8月 - 株式店頭公開(証券コード 9449)。JASDAQへ株式上場。独立系ネットベンチャーとして国内初。
  • 2000年9月 - 連結子会社「まぐクリック」ナスダックジャパン(現ヘラクレス)に上場。創業364日(当時、日本史上最短上場記録)
  • 2001年 - グローバルメディアオンライン (GMO) に商号変更。
  • 2003年11月 - JASDAQ「J-Stock銘柄」に選定される。
  • 2004年2月 - 東京証券取引市場第二部上場。
  • 2005年4月 - 連結子会社「GMOペイメントゲートウェイ」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。GMOインターネットグループとして3社目の株式上場。
  • 2005年6月 - GMOインターネットに商号変更。東京証券取引所市場第一部へ株式上場。
  • 2005年12月 -GMOホスティング&セキュリティ(現:GMOクラウド株式会社)が東京証券取引所マザーズ市場に上場。GMOインターネットグループとして4社目の株式上場。
  • 2007年12月 - GMOインターネットグループ企業のGMOインターネット証券(現:GMOクリック証券)の全株を取得。
  • 2008年9月 - GMOペイメントゲートウェイが東京証券取引所第一部に指定替え。
  • 2008年12月 - paperboy&co.(現:GMOペパボ株式会社)がジャスダック証券取引所に上場。GMOインターネットグループとして5社目の株式上場。
  • 2012年6月 - 一般社団法人新経済連盟理事。
  • 2012年9月 - JASDAQ上場企業である「FXプライム株式会社(現:株式会社FXプライム byGMO」がGMOインターネットグループにジョイン。GMOインターネットグループとして6社目の株式上場会社
  • 2014年10月 - 「GMOリサーチ株式会社」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。GMOインターネットグループとして7社目の株式上場。
  • 2014年10月 - 「GMOクラウド株式会社」が東京証券取引所第一部に指定変更。GMOインターネットグループとして3社目の東証一部上場企業に
  • 2014年12月 - 「GMO TECH株式会社」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。GMOインターネットグループとして8社目の株式上場。
  • 2015年4月 - 「GMOクリックホールディングス株式会社」証券コード7177が株式会社FXプライム byGMOを株式交換、ジャスダック証券取引所にテクニカル上場。
  • 2015年10月 - 「GMO メディア株式会社」が東京証券取引所マザーズ市場に上場。GMOインターネットグループとして9社目の株式上場。

受賞した賞など[編集]

  • 1999年8月 - 独立系ネットベンチャーとして国内初の株式店頭公開(証券コード 9449)。
  • 1999年12月 - 郵政省(現、総務省)「次世代インターネット政策に関する研究会」委員就任。
  • 1999年12月 - 日本インターネットプロバイダー協会設立。副会長就任。
  • 1999年12月 - ナスダックジャパン(現ヘラクレス)発起人就任。
  • 1999年12月 - 日本経済新聞 市場が選ぶ99年新規店頭公開企業5位獲得。
  • 1999年9月 - 株式会社まぐクリック設立。設立から上場まで当時日本最短記録364日でナスダックジャパン(現ヘラクレス)に上場(証券コード4784)。
  • 2000年1月 - 日経ベンチャー「99年ベンチャーオブザイヤー」(新規公開部門2位)受賞。
  • 2003年9月 - 日本テクノロジーFast50
  • 2003年10月 - 米フォーブス誌「Best Under a Billion, Forbes Global's 200 Best Small Companies for 2003」
  • 2003年11月 - JASDAQ「J-Stock銘柄」
  • 2003年12月 - アジア太平洋地域テクノロジーFast 500
  • 2004年2月 - 東京証券取引所市場第二部に上場。
  • 2004年6月 - 企業家ネットワーク「第六回企業家賞」
  • 2005年6月 - 東京証券取引市場第一部に指定替え。
  • 2005年6月 - ニューズウィーク社「Super CEOs」
  • 2011年9月 - 株式にっぽん「読者が選んだ期待の経営者2011」
  • 2012年10月 - 教育再生・東京円卓会議委員受嘱。
  • 2013年1月 - 第38回経済界大賞「優秀経営者賞」受賞。
  • 2016年1月 - 経済誌「財界」による財界賞・経営者賞(第58回)で、平成27年度「経営者賞」を受賞。
  • 2016年1月 - 『シーバスリーガル18年 ゴールドシグネチャー・アワード 2016 Presented by GOETHE 』において、「コーポレートバリュー デベロップメント部門」を受賞。

著書[編集]

  • 一冊の手帳で夢は必ずかなう なりたい自分になるシンプルな方法(2004年、かんき出版)
  • 20代で始める「夢設計図」 必ず“スピード成功”する5つの原則(2005年、大和書房)
  • 情報整理術クマガイ式 IT時代の「時間」と「情報」を味方につける方法(2005年、かんき出版)
  • 成功への熱い思いを君に 起業家11人からのメッセージ(監修)(2007年、かんき出版)

注釈[編集]

  1. ^ [1] 2017年7月25日更新プロフィール
  2. ^ 熊谷正寿〔GMOインターネットグループ代表〕「スマホのワクワク感は'94年と同じ」 予測の達人・菅下清廣が連続直撃 | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社] のインタビューにおいて「これは信じる人、信じない人がいると思いますが、僕は景気活動に密接に関係していると思っています。」と答えている。

外部リンク[編集]