ワールドカーリングツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワールドカーリングツアー
競技 カーリング
創立 1992
会長 Armin Harder
本部所在地 スイスの旗 ディーティコン英語版
公式サイト worldcurl.com

ワールドカーリングツアー英語: World Curling Tour略語: WCT)は、賞金があるカーリングの国際大会シリーズ。

組織[編集]

運営組織の本部は、スイスディーティコン英語版に置かれ、CEOは、Armin Harderが務める[1]

歴史[編集]

1992年
カナダにおいて創設[2]
2014年
軽井沢国際カーリング選手権大会がアジアで初めてワールドカーリングツアーに参加[2][3]
2017年
ヨーロッパ圏のカーリングチャンピオンズツアー(CCT)と合併[2]
2018年
日本におけるワールドカーリングツアーの運営組織として、ワールドカーリングツアージャパン(略語: WCT-JAPAN)が設立[4]
2019年
日本カーリング協会は、日本カーリング選手権大会における出場チームの選考基準のひとつとして、WCTランキングを採用することを発表[5]

制度[編集]

ツアーの種類[編集]

ツアーの種類は、男子、女子、ミックスダブルス、ジュニア男子、ジュニア女子、車いすの6種類がある。

大会の分類[編集]

ワールドカーリングツアーの大会は、大会のレベルに応じて、次の3つのシリーズに分類される[6]

チャンピオンズシリーズ
別名グランドスラム。世界ランキング上位のチームが参加する最高峰の大会シリーズ。
マスターシリーズ
ワールドカーリングツアーの中心となる大会シリーズ。
チャレンジャーシリーズ
マスターシリーズを目指すチームが参加する大会シリーズ。

世界ランキング[編集]

ワールドカーリングツアーの大会に出場する選手は、大会の規模や強さに応じて世界ランキングポイント(Order of Merit ポイント、略語: OOMポイント)を獲得し、それによって世界ランキングが決定される[7][8]

主な大会[編集]

グランドスラム[編集]

ワールドカーリングツアーにおける最高峰の大会シリーズ(チャンピオンズシリーズ)であるグランドスラム(英語: Grand Slam of Curling, 略語: GSOC)の大会は、2019–2020年シーズンにおいて、次の6つの大会がある[9]

日本の大会[編集]

日本におけるワールドカーリングツアーの大会は、2019–2020年シーズンにおいて、次の6つの大会が登録されている[10]

また、2018–2019年シーズンは、次の2つの大会もワールドカーリングツアーの大会として開催された[17][18]

脚注[編集]

  1. ^ Contacts”. World Curling Tour. 2019年7月8日閲覧。
  2. ^ a b c 軽井沢国際カーリング選手権大会2018 パンフレット, 軽井沢国際カーリング選手権大会実行委員会, (2018-12), p. 19 
  3. ^ 「軽井沢国際カーリング選手権」がワールドツアーにアジアで初の参加”. 産経ニュース (2014年11月19日). 2019年7月8日閲覧。
  4. ^ WCT-Japan Formed to Develop Curling in Asian Curling Hotbed”. World Curling Tour (2018年11月18日). 2019年7月8日閲覧。
  5. ^ 2020年日本カーリング選手権大会から2022年PACC代表決定戦までの開催方法・選考方法について”. 日本カーリング協会 (2019年1月8日). 2019年7月9日閲覧。
  6. ^ World Curling Tour (PDF)”. WCT JAPAN. 2019年7月8日閲覧。
  7. ^ About the Order of Merit”. World Curling Tour. 2019年7月9日閲覧。
  8. ^ Curling World Cup teams to earn World Curling Tour ranking points”. World Curling Federation (2018年8月29日). 2019年7月9日閲覧。
  9. ^ Pinty’s GSOC announces 2019-20 schedule”. Grand Slam of Curling (2019年3月5日). 2019年7月9日閲覧。
  10. ^ 2019-20 World Curling Tour: Men's Schedule”. World Curling Tour. 2019年7月9日閲覧。
  11. ^ 盛岡市アイスリンクメモリアルカップ”. 盛岡カーリングクラブ (2019年6月30日). 2019年7月9日閲覧。
  12. ^ ADVICS CUP 2019”. 常呂カーリング倶楽部 (2019年6月7日). 2019年7月9日閲覧。
  13. ^ どうぎんカーリングクラシック”. 札幌カーリング協会. 2019年7月9日閲覧。
  14. ^ ICE GOLD CUP 2018”. Facebook. カールプレックスおびひろ. 2019年7月9日閲覧。
  15. ^ ミネベアミツミ杯”. あさまハイランドスポーツクラブ (2018年10月15日). 2019年7月9日閲覧。
  16. ^ 軽井沢国際カーリング選手権大会”. スポーツコミュニティー軽井沢クラブ. 2019年7月9日閲覧。
  17. ^ 2018-19 World Curling Tour: Men's Schedule”. World Curling Tour. 2019年7月9日閲覧。
  18. ^ 2018-19 World Junior Curling Tour: Men's Schedule”. World Curling Tour. 2019年7月9日閲覧。
  19. ^ 黒澤正憲杯”. あさまハイランドスポーツクラブ (2019年1月15日). 2019年7月9日閲覧。
  20. ^ U21軽井沢ジュニアチャレンジカップ2019”. スポーツコミュニティー軽井沢クラブ. 2019年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]