板垣鷹穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

板垣 鷹穂(いたがき たかお/たかほ、1894年10月15日 - 1966年7月3日)は、美術評論家明治大学教授、早稲田大学教授、東京写真大学教授を歴任した。

東京生まれ。文芸評論家の平山直子(板垣直子)と結婚。1929年『新興芸術』を創刊。1933年、明治大学文芸科教授[1]。モダニズム研究で文芸、美術、建築、文学にまで射程は広い。終戦後に早稲田大学文学部教授となり、最晩年まで教鞭を取った。

著書[編集]

  • 西洋美術史概説 岩波書店 1922
  • 新カント派の歴史哲学 改造社 1922
  • 西洋美術主潮 岩波書店 1923
  • 西洋美術史要 岩波書店 1924
  • 表現と背景 改造社 1924
  • イタリアの寺 批評と紀行、美術史論 大鐙閣 1926
  • 民族的色彩を主とする近代美術史潮論 大鐙閣 1927
  • 機械と芸術との交流 岩波書店 1929
  • 国民文化繁栄期の欧洲画界 芸文書院 1929
  • フランスの近代画 岩波書店 1929
  • 新しき芸術の獲得 天人社 1930
  • 優秀船の芸術社会学的分析 天人社 1930
  • 伊太利亜美術史 春秋社 1930
  • 美術史の根本問題 天人社 1930
  • 建築の様式的構成 刀江書院 1931
  • 芸術界の基調と時潮 六文館 1932
  • 芸術閑考 六文館 1932
  • 建築様式論叢 堀口捨己共著 六文館 1932
  • 観想の玩具 大畑書店 1933
  • 現代日本の芸術 信正社 1937
  • ミケランジェロ 新潮社 1940 新伝記叢書
  • 建築 育生社弘道閣 1942
  • 古典精神と造形文化 今日の問題社 1942
  • レオナルド・ダ・ヴインチの創造的精神 六興商会出版部 1942
  • 造形文化と現代 育生社弘道閣 1942
  • 民族と造営 六興商会出版部 1943
  • 芸術観想 青葉書房 1943
  • 写実 今日の問題社 1943
  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 新潮社, 1943 新伝記叢書
  • 建築国策と史的類型 六興出版部 1944
  • 肖像の世界 六和商事出版部 1947
  • 芸術概論 理想社 1948
  • 映画の世界像 理想社 1949
  • 肉体と精神 芸術への思索 雲井書店 1951
  • 寺田寅彦 有信堂 1962

翻訳[編集]

  • 現代の美術 シユミツト 岩波書店 1924

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 五十殿利治「機械美論とヨーヨー」『思想』1000号、2007年による。ただし、同文で五十殿は明治大学での教授としての活動は、1935年以降不明であるとしている。

外部リンク[編集]