グッゲンハイム・フェロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グッゲンハイム・フェロー(Guggenheim Fellowships)とは、1925年に創設された、ジョン・サイモン・グッゲンハイム記念財団英語版が「芸術における、助成金を受けるのにふさわしい優れた能力を実証した、あるいは、卓越した創造力を発揮した」人々に授与している助成金(grant)である。グッゲンハイム・フェローの受賞者には、後にノーベル賞ピューリッツァー賞などの著名な賞を受賞した者が数多くいる。

毎年、財団は以下の2つの部門について受賞者を決定している。

舞台芸術は除外されるが、作曲家・映画監督・振付師は対象となる。フェローシップは学生を受賞対象としておらず、本を出版した作家のような「中堅の上級専門家」を対象としている。フェローシップの目的は、フェローに「可能な限り創造的な自由を持って仕事をすることができる時間の塊」を与えることであるので、フェローは適切と思うものに対してお金を使うことができるが、彼らはまた「実質的に彼らの通常の義務から自由になる」べきである。 応募者は履歴書(curriculum vitae)やキャリア・ポートフォリオ英語版などを提出する必要がある。

財団は、毎年3,500から4,000の申請を受けている。毎年約175名のフェローシップが授与される[1]。助成金の額は様々であり、フェローの他の収入および計画の目的と範囲を考慮して、フェローのニーズに合わせて調整される。2008年のカナダと米国のコンペティションにおける助成金の平均の額は約43,200ドルだった[2]

グッゲンハイム・フェローの受賞者の一覧[編集]

1920年代 1925年英語版 1926年英語版 1927年英語版 1928年英語版 1929年英語版
1930年代 1930年英語版 1931年英語版 1932年英語版 1933年英語版 1934年英語版 1935年英語版 1936年英語版 1937年英語版 1938年英語版 1939年英語版
1940年代 1940年英語版 1941年英語版 1942年英語版 1943年英語版 1944年英語版 1945年英語版 1946年英語版 1947年英語版 1948年英語版 1949年英語版
1950年代 1950年英語版 1951年英語版 1952年英語版 1953年英語版 1954年英語版 1955年英語版 1956年英語版 1957年英語版 1958年英語版 1959年英語版
1960年代 1960年英語版 1961年英語版 1962年英語版 1963年英語版 1964年英語版 1965年英語版 1966年英語版 1967年英語版 1968年英語版 1969年英語版
1970年代 1970年英語版 1971年英語版 1972年英語版 1973年英語版 1974年英語版 1975年英語版 1976年英語版 1977年英語版 1978年英語版 1979年英語版
1980年代 1980年英語版 1981年英語版 1982年英語版 1983年英語版 1984年英語版 1985年英語版 1986年英語版 1987年英語版 1988年英語版 1989年英語版
1990年代 1990年英語版 1991年英語版 1992年英語版 1993年英語版 1994年英語版 1995年英語版 1996年英語版 1997年英語版 1998年英語版 1999年英語版
2000年代 2000年英語版 2001年英語版 2002年英語版 2003年英語版 2004年英語版 2005年英語版 2006年英語版 2007年英語版 2008年英語版 2009年英語版
2010年代 2010年英語版 2011年英語版 2012年英語版 2013年英語版 2014年英語版 2015年英語版 2016年英語版 2017年英語版 2018年英語版 2019年英語版

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Fellowship”. John Simon Guggenheim Memorial Foundation. 2009年8月11日閲覧。
  2. ^ Frequently Asked Questions”. John Simon Guggenheim Memorial Foundation. 2009年8月11日閲覧。

外部リンク[編集]