ボキューズ・ドール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ボキューズ・ドール(Bocuse d'or)は、2年毎(奇数年)の1月にフランスリヨンで開催される世界最高峰の料理コンクール[1][2][3][4][5]。いわば料理オリンピックともいわれている[6][7][8][9][10][11]

大会名は創設者のポール・ボキューズの名からとった。

コンクールは、国内予選とそれに続く大陸予選(アジア・パシフィックヨーロッパラテンアメリカ、特別出場枠でそれぞれ開催)を勝ち抜いた24か国の代表シェフが、フランス本選に出場することができる。コンクールの公平性を守るため、審査員は本選に出場する24か国から選出された24名で構成される[12]

日本は1987年の第1回大会から参加しており、フランス本選において、2013年には浜田統之が3位入賞[13]を果たしている。

大会と同時に、シラ国際外食産業見本市[14]が開催される。

歴代入賞者[編集]

開催年 1位 2位 3位
1987   フランスの旗 Jacky Freon ベルギーの旗 Michel Addons ドイツの旗 Hans Haas
1989 ルクセンブルクの旗 Léa Linster ベルギーの旗 Pierre Paulus シンガポールの旗 William Wai
1991 フランスの旗 Michel Roth ノルウェーの旗 Lars Erik Underthun ベルギーの旗 Gert Jan Raven
1993 ノルウェーの旗 Bent Stiansen デンマークの旗 Jens Peter Kolbeck ベルギーの旗 Guy Van Cauteren
1995 フランスの旗 Régis Marcon スウェーデンの旗 Melker Andersson ドイツの旗 Patrick Jaros
1997 スウェーデンの旗 Mathias Dahlgren ベルギーの旗 Roland Debuyst ノルウェーの旗 Odd Ivar Solvold
1999 ノルウェーの旗 Terje Ness フランスの旗 Yannick Alleno ベルギーの旗 Ferdy Debecker
2001 フランスの旗 François Adamski スウェーデンの旗 Henrik Norström アイスランドの旗 Hákon Már Örvarsson
2003 ノルウェーの旗 Charles Tjessem フランスの旗 Frank Putelat ドイツの旗 Claus Weitbrecht
2005 フランスの旗 Serge Vieira ノルウェーの旗 Tom Victor Gausdal デンマークの旗 Rasmus Kofoed
2007 フランスの旗 Fabrice Desvignes デンマークの旗 Rasmus Kofoed スイスの旗 Frank Giovannini
2009 ノルウェーの旗 Geir Skeie スウェーデンの旗 Jonas Lundgren フランスの旗 Philippe Mille
2011 デンマークの旗 Rasmus Kofoed スウェーデンの旗 Tommy Myllymäki ノルウェーの旗 Gunnar Hvarnes
2013 フランスの旗 Thibaut Ruggeri デンマークの旗 Jeppe Foldager 日本の旗 Noriyuki Hamada
2015 ノルウェーの旗 Ørjan Johannessen アメリカ合衆国の旗 Philip Tessier スウェーデンの旗 Tommy Myllymäki
2017 アメリカ合衆国の旗 Mathew Peters ノルウェーの旗 Christopher William Davidsen アイスランドの旗 Viktor Örn Andrésson 

アジア・パシフィック大会 日本代表[編集]

2008年より新設の大陸別予選 - 本選と同じく2年に1度開催され、上位5カ国と開催国(ワイルドカード枠)の計6カ国が翌年のフランス本選へ出場

開催年 日本代表 順位 フランス本選順位
2008 佐々木康二 1位 8位
2010 中洲達郎 3位 9位
2012 浜田統之 2位 3位
2014 髙山英紀 1位 5位
2016 長谷川幸太郎 1位 12位
2018 髙山英紀 1位 2019年1月に本選開催

脚注[編集]

  1. ^ Chavich, Cinda, The Globe and Mail (May 14, 2008). Even chefs dream of statuettes
  2. ^ Shore, Randy, The Vancouver Sun (January 9, 2009). David Wong is Canada's next great hope for the Bocuse d'Or
  3. ^ Appell, David, Los Angeles Times (July 23, 2008). Paul Bocuse could make French fast food the next nouvelle cuisine
  4. ^ Stukin, Stacie, Time (January 18, 2007). To Be the Real Top Chef
  5. ^ Abend, Lisa, Time (January 25, 2009). An American Underdog Dreams of Kitchen Gold
  6. ^ Smillie, Dirk, Forbes.com (June 5, 2007). French Toast
  7. ^ Fabricant, Florence, The New York Times (May 28, 2008). Tilting at the Bocuse d’Or
  8. ^ Wasilczyk, Jacqueline, Zagat (November 5, 2008). U.S. Turns Up the Heat for Bocuse d'Or[リンク切れ]
  9. ^ New York Magazine: Grub Street (July 17, 2008). Hung Huynh Is Among U.S. Bocuse d’Or Semifinalists
  10. ^ Lancaster, Deana, North Shore News (November 26, 2008). On the long road to Lyon Archived 2012年8月26日, at the Wayback Machine.
  11. ^ Hallock, Betty, Los Angeles Times (January 26, 2009). American chef preps for cooking fame at France's Bocuse d'Or
  12. ^ Bocuse d'Orとは ボキューズ・ドールJAPAN事務局
  13. ^ ボキューズ・ドールJAPAN事務局
  14. ^ sirha公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]