波多野鷹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

波多野 鷹(はたの よう、1967年10月10日 - )は、日本の小説家。本名は波多野 幾也(はたの いくや)。東京都出身。学習院高等科卒業。学習院大学文学部心理学科中退。父は学習院大学名誉教授波多野里望。叔父に心理学者波多野誼余夫がいる。妻は小説家の久美沙織

現在は長野県軽井沢町在住。大蛇、イグアナ、熱帯魚、鷹、犬、猫などと暮らしているという。

1985年『青いリボンの飛越』で第5回コバルト・ノベル大賞受賞。

鷹匠の資格を取得しており、ものまねタレント・くじらの「鷹匠スターシリーズ」のレパートリーに入っている。日本放鷹協会所属。

なお、鷹匠になるまえから、友人とスキー旅行にいった時など、カンジキを履いてリフトに乗り、頂上に着くと蓑を着て「山中をあるいてくる」ような趣味であったという。

著書[編集]

  • 宇宙色トラベラー(集英社文庫コバルト、1985年)
  • 零時の鐘はもう鳴らない(集英社文庫コバルト、1986年)
  • トライ アゲイン(集英社文庫コバルト、1986年)
  • ファイナル・シュート(集英社文庫コバルト、1986年)
  • 夢、輝いて(集英社文庫コバルト、1986年)
  • あいびぃ屋敷交差点(田淵由美子画、集英社文庫コバルト、1987年)
  • 宇宙色ロストウェイ(集英社文庫コバルト、1987年)
  • そして ぼくは歩きだす(わかつきめぐみ画、集英社文庫コバルト、1987年)
  • その後のあいびぃ屋敷交差点(田淵由美子画、集英社文庫コバルト、1987年)
  • 最後のあいびぃ屋敷交差点(田淵由美子画、集英社文庫コバルト、1988年)
  • Aqua―水のある風景 上/下(上巻川原由美子画、下巻夢路行画、集英社文庫コバルト、1988年)
  • 十六の夏の四日間(飯塚修子画、集英社文庫コバルト、1988年)
  • あの湖につづく空(集英社文庫コバルト、1989年)
  • 伝説のティンクルダンス 総務委員会物語(塩入真理絵画、集英社文庫コバルト、1989年)
  • 哀愁のミトコンドリア 生物部物語(塩入真理絵画、集英社文庫コバルト、1989年)
  • 不思議英国(めるへんめーかー画、白泉社、1990年)
  • 逆光のペンタプリズム 写真部物語(塩入真理絵画、集英社文庫コバルト、1990年)
  • 断崖のアルテミス 恋愛物語 上/中/下(塩入真理絵画、集英社文庫コバルト、1990年-1991年)
  • 純愛のデカダンス 総務委員会物語(集英社文庫コバルト、1990年)
  • 都市に降る雪(ハヤカワ文庫、1991年)
  • 犬と山暮らし(中公文庫、1995年)
  • モスラ(ノベライズ、扶桑社文庫、1996年)
  • 鷹狩りへの招待(筑摩書房 ちくまプリマーブックス、1997年)
  • それが答えだ!(ノベライズ、扶桑社、1997年)
  • 双界儀(角川書店、1998年)
  • ザ・猛禽類 飼育・訓練・鷹狩り・リハビリテーション(誠文堂新光社 2009年)

共著[編集]

  • 価値ある教師とは オヤジとムスコの辻説法 (波多野里望、向山洋一共著、明治図書出版 1987年)
  • フクロウとタヌキ 里の自然に生きる (金子弥生共著 岩波書店 2002年)
  • ザ・フクロウ 飼い方&世界のフクロウカタログ (加茂元照共著 誠文堂新光社 2004年)

翻訳[編集]

  • フクロウのすべてがわかる本 生態・飼育・繁殖・訓練 (ジェマイマ・パリー・ジョーンズ 誠文堂新光社 2006年)

外部リンク[編集]