ペイネ美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
外観
ペイネの像

ペイネ美術館(ペイネびじゅつかん)は長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢タリアセン園内にある美術館

概要[編集]

1986年7月26日、軽井沢・塩沢湖畔に開館したフランス人男性画家レイモン・ペイネ(Raymond PEYNET、1908年 - 1999年)の世界初・日本で唯一の個人美術館で、塩沢湖を中心としたレジャー施設軽井沢タリアセン園内に位置している。

ペイネの原画やリトグラフ、ポスター作品や、ペイネの絵をあしらった陶磁器、人形のほか、写真や愛用品などを展示している。年に約3回の展示替を行い、ペイネの描く「恋人たち」の世界を観覧できる。ここでのみ購入出来るペイネグッズも多数存在する。

建物はアントニン・レーモンドの設計で、1933年(昭和8年)に建設された設計者自身のアトリエ「軽井沢・夏の家」を使用している。なお、アントニン・レーモンドとレイモン・ペイネとは別人であり両者に関係は無い。

開館日には、レイモン・ペイネ本人と、妻であるドゥニーズ夫人も開館式典に参加した。2011年には開館25周年を記念し、レイモン・ペイネの一人娘である、アニー・ペイネ氏を名誉館長として迎えている。

ちなみに、1988年アンティーブ市、1998年にブラサック・レ・ミンヌ市にもペイネ美術館が開館している。

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 午前9時から午後5時
  • 所在地 - 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217
  • 休館日 - なし(ただし展示替休館あり。冬期・2月中休館日あり)

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度19分44.9秒 東経138度35分40.2秒