旧軽井沢メインストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
旧軽井沢銀座から転送)
移動先: 案内検索

旧軽井沢メインストリート(きゅうかるいざわメインストリート)は、長野県北佐久郡軽井沢町にある長野県道133号旧軽井沢軽井沢停車場線沿いの商店街。バブル時期から旧軽井沢銀座旧軽銀座とも呼ばれていたこともあった。

旧軽井沢銀座
通りに面して建つ軽井沢観光会館

歴史[編集]

旧軽井沢ロータリーから旧碓氷峠方面へ向かう約500 mの区間(長野県道133号旧軽井沢軽井沢停車場線)が旧軽井沢のメインストリートになっている。かつては中山道軽井沢宿があったところで、軽井沢駅のある新道地区からは北に離れた場所に位置している。

1888年(明治21年)にカナダ人宣教師アレクサンダー・クロフト・ショー別荘を開設して以来、多くの著名人が軽井沢に別荘を設けたことから、別荘族御用達の商店街として発展した。その中でも軽井沢彫は外国人の別荘向けに作られた経緯がある、今でも家具にはなごりがある。

その後も軽井沢にはペンションブームなどが追い風となって、夏場を中心に多くの観光客で賑わうようになり、手作りジャム民芸品タレントショップなど観光客を対象とした店が増えた。避暑地であることから、かつては夏季のみ営業し、冬場にはシャッターを閉ざす店も多かったが、1997年(平成9年)の北陸新幹線(高崎 - 長野間)先行開通により年間を通して観光客が訪れるようになったこともあり、近年では通年営業する店も増えている。

主な店舗・周辺観光スポット[編集]

交通[編集]

北陸新幹線しなの鉄道軽井沢駅から旧軽銀座入口のロータリーまで三笠通りを北に1.8 km。徒歩約25分、車で5分ほど。但し夏場は混雑し、自動車での移動は時間を要することが多い。駅前・旧軽銀座とも貸自転車店が多く、自転車での移動も可能である。駅北口から町内循環バスがでており、上限200円で町中を回れる。

外部リンク[編集]