トレインチ自由が丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東急モールズデベロップメント > トレインチ自由が丘
トレインチ自由が丘

トレインチ自由が丘(トレインチじゆうがおか、Trainchi Jiyugaoka)は、自由が丘駅の近接地にある東急グループ商業施設。施設建設を担当した東急電鉄と、テナント誘致や開業後の施設運営を受託した東急モールズデベロップメント (TMD) が共同で開設した[1]。現在は東急が運営している[2]

最寄り駅は東急東横線大井町線自由が丘駅(東京都目黒区に所在するが、世田谷区との区境付近にある)で、東急目黒線奥沢駅からも徒歩圏である。施設名称は「トレインチ自由が丘」だが、施設の所在地は、東京都目黒区自由が丘2丁目13-1と、東京都世田谷区奥沢5丁目42-3にまたがっており、後述のとおり敷地の大半は世田谷区内に所在する[1]

施設概要[編集]

地上2階建て(鉄骨造)で、店舗専用有料駐車場8台(機械式7台、平置き1台)を備える[1]。地上1階(8区画)・2階(5区画)のフロアを、飲食店雑貨ファッションインテリアなどのテナント13店舗で構成する[1][2]

敷地面積は2,004m2[1][2][3](目黒区側465m2、世田谷区側1,539m2[1][2]、延床面積(駐車場を除く)は1,210m2(目黒区側162m2、世田谷区側1,048m2[1][2]で、世田谷区側の面積の方が広くなっている[1][2]

トレインチ自由が丘と自由が丘検車区[編集]

自由が丘駅に隣接する、東急大井町線自由が丘車庫が廃止された跡地に建設されたショッピングモールで、電車車庫跡地に建設されたこと、車庫廃止後も残された留置線に隣接していることが、施設名称「Trainchi トレインチ」(トレインのおうち)の由来となっている[1][4]。店舗施設の看板などに使用されるシンボルマークも、電車がに入って行くイラストが使用されている。

かつてこの地にあった自由が丘検車区1966年に廃止され、検車区廃止後は自由が丘車庫として大井町線の車両が留置されていた。そうした建設経緯もあり、留置線の廃レール枕木が店外の装飾に活用されている。

沿革[編集]

リニューアル時までに、開業時のテナントの大半が入れ替わっている。詳細は「#店舗一覧」を参照。

店舗一覧[編集]

営業時間は、開業時は10時から20時まで(飲食店を除く)だったが[1]、リニューアル後は店舗により異なる[2]

リニューアル後の現在の店舗、営業時間などの詳細は、公式サイト[リンク切れ]を参照。

開業時の店舗[編集]

出典:東急モールズデベロップメント ニュースリリース(2006年8月2日)

店舗の番号は、開業時のニュースリリースに合わせている。

1階
  • 1. ブランジェ浅野屋(ベーカリーカフェ
  • 2. ロブロス(オープンダイニングカフェ)吉祥寺より出店。撤退
  • 3. グレートランドリー(Tシャツショップ)撤退
  • 4. ピローヌ by プチコキャン(フランス輸入雑貨)撤退
  • 5. パオロ・ボトーニ(ビーズアクセサリー)撤退
  • 6. ヴァニラデュー(レディスファッション)撤退
  • 7. ディークチュール(アクセサリー・インテリア雑貨)
  • 8. ビュル・デ・サボン(レディスファッション)撤退
2階
  • 9. ワンズ(ホームファッション、家具・ファブリック)
※ニュースリリースでは店舗名は仮称となっている
  • 10. ナチュラルプレンティ(現:ナチュラルキッチン)大阪心斎橋より出店
  • 11. アリヴェデパール(インテリア雑貨)
  • 12. カレルチャペック紅茶店(紅茶ハーブティー・雑貨・絵本)吉祥寺より出店
  • 13. アトリエニキティキ(ヨーロッパ輸入木製玩具)撤退

リニューアル時の店舗(2017年8月3日)[編集]

出典:東京急行電鉄 ニュースリリース(2017年7月27日)

飲食店を中心に、6店舗が新規出店している[2][3]

店舗の番号はリニューアル時のニュースリリースに合わせており、施設内の店舗案内マップの番号に対応している。

1階
※両店舗で2区画使用、厨房が一体化している。同じ会社が経営(株式会社ジリオン、品川区上大崎
2階
  • 8. ワンズテラス(ホームファッション・家具・ファブリック)開業時からの既存店
  • 9. ナチュラルキッチン(100円ショップ)開業時からの既存店
  • 10. アリヴェデパール(インテリア雑貨)開業時からの既存店
  • 11. カレルチャペック紅茶店(紅茶・ハーブティー・雑貨・絵本)開業時からの既存店
  • 12. デリシュー(レディースファッション)
※アリヴェデパール(開業時からの既存店)の姉妹店[5]。リニューアル時の既存店

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 自由が丘に新スポット誕生!商業施設『Trainchi』オープン 東急モールズデベロップメント ニュースリリース、2006年8月2日、2019年10月7日閲覧。アーカイブarchive.is、2019年10月7日)
  2. ^ a b c d e f g h i 「Trainchi(トレインチ)自由が丘」、リニューアル開業! 東急 いい街いい電車プロジェクト、2017年7月27日、2019年10月5日閲覧。
  3. ^ a b c “6店舗加わり新装 トレインチ自由が丘”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2017年8月16日) 
  4. ^ a b 東急電鉄/「Trainchi(トレインチ)自由が丘」、リニューアル開業(流通ニュース 2017年7月31日)
  5. ^ アリヴェデパール公式ブログ 2015年9月8日、2019年10月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]