銀座 (地名)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

銀座(ぎんざ)は日本全国に多数見られる地名である。

由来[編集]

「銀座」の名称は近世銀貨の鋳造および地金の売買を担った銀座役所に因む[1]江戸幕府による銀座は慶長6年5月(1601年)の伏見銀座に始まり、慶長13年(1608年)には京都両替町に移転される。また慶長11年(1606年)には駿府銀座が設立され、慶長17年(1612年)には江戸京橋に移転される。慶長13年には天領銀山からの地金集積を担った大坂銀座(高麗橋)、慶長19年(1614年)からは輸出用銀の取締りのため長崎銀座が開設される。寛政12年(1800年)には銀座の機能が江戸蛎殻町に集約された[2]。これらのうち、銀座が現在地名として残っているのは伏見銀座(京都市伏見区銀座町)および江戸京橋銀座(東京都中央区銀座)のみである。その他、駿府銀座および京都銀座は「両替町」として名を残す。

江戸京橋銀座が後に商業地として目覚しく発展し、新両替町と呼ばれたこの地は銀座の名で親しまれるようになり[3] 、銀座は繁華街代名詞的存在となり全国の繁華街に銀座と銘打たれる地名と商店街が出現するに至った[1]

本項では正式な地名の他、商店街などの名称や通称についても記述する。「-銀座」「銀座町」「銀座-」なども含む。

日本[編集]

北海道・東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国・四国地方[編集]

九州地方[編集]

台湾[編集]

高雄の銀座(日本統治時代

香港[編集]

パラオ共和国[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版、182-183頁。ISBN 978-4-534-05318-3
  2. ^ 田谷博吉 『近世銀座の研究』 吉川弘文館、1963年
  3. ^ 三上隆三 『江戸の貨幣物語』 東洋経済新報社、1996年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]