土倉庄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土倉庄三郎の胸像(写真1)
磨崖碑「土倉翁造林頌徳記念」(写真2)

土倉 庄三郎(どくら しょうざぶろう、天保11年4月10日1840年5月11日〉 - 大正6年(1917年7月19日)は、明治期に活躍した日本林業家。幼名は、丞之助。

経歴[編集]

天保11年4月10日(1840年5月11日)、大和国吉野郡大滝村(今の奈良県吉野郡川上村大滝)で生まれる。父の庄右衛門も林業家。安政3年(1856年)に父に代わり家業に従事、名を庄三郎と改める。その後、大滝郷総代、吉野材木方総代(伐採した木材を運搬する際の監督役)を務めた。明治元年(1868年)に紀州藩による吉野川(紀の川)流下木材の口銭徴収反対運動を起こして、民部省に請願し廃止させた。明治5年(1872年)には、水陸海路御用掛を拝命し吉野川の水路改修に尽力。また明治6年(1873年)には東熊野街道の開設を計画し、明治12年(1879年)に着工、同20年(1887年)に完成させる(現在の国道169号の奈良県南部の区間の原形)。この他にも吉野川沿いの道路改修に尽力した。また鉄道計画にも参加し、明治32年(1899年)に吉野鉄道株式会社の設立にも携わっている(近鉄吉野線の前身にあたる吉野鉄道(設立当初は吉野軽便鉄道)とは別の会社。経緯に関しては吉野鉄道#まぼろしの吉野鉄道を参照)。

林業家としては吉野郡内で九千町歩の山林経営い、伝来の山林培法によって造林に努める。明治20年(1887年)から同30年(1897年)にかけては静岡県天竜川流域、群馬県伊香保兵庫県但馬地方、滋賀県西浅井町でも造林事業を行った。また奈良公園の森林改良にも携わる。このような功績から還暦には山縣有朋から「樹喜王」の祝号を贈られている。

教育[編集]

地元の小学校の充実に腐心するなど、教育には極めて熱心であった。 同志社大学・日本女子大学の創設に際し、多額の設立基金を寄付するなどした[1]

自由民権運動[編集]

明治10年(1877年)頃から自由民権家らと交流し、明治13年(1880年)には、中島信行の遊説の際に資金を提供して以降、自由民権運動パトロンと目されるようになる。明治14年(1881年)に大阪で立憲政党(近畿自由党)が結成されると、これに加わり日本立憲政党新聞(明治15年・1882年創刊、今の大阪毎日新聞の源流の一つ)の出資者となる(6万円を寄付[2])。また自由民権運動の主導者として知られる板垣退助とも親交があり、彼の西欧視察の洋行費を出している[3][4]。 更に大隈重信とも昵懇であった[5]

この他、景山英子金玉均新島襄らとも交流があった[6]。「土倉詣で」をした賓客として、中島・板垣・新島の他に伊藤博文井上馨山県有朋後藤象二郎品川弥二郎古沢滋成瀬仁蔵等が知られている[7][8]


栄典[編集]

顕彰碑等[編集]

  • 奈良県吉野郡川上村西河にある山幸彦のもくもく館(川上村林業資料館)の入口には土倉庄三郎の胸像がある(写真1)。
  • 奈良県吉野郡川上村大滝集落の対岸にある鎧掛岩(国道169号の対岸)には「土倉翁造林頌徳記念」と彫られた磨崖碑がある[10](幅1.8m、全長23.6m、文字の深さ36cm)。この磨崖碑は、大正10年(1921年)に土倉庄三郎に林業を教わった本多静六によって作られた。文字は後藤朝太郎が書いたもので、和田誠一郎という人物が約2ヶ月をかけて彫った(同地案内板より、写真2)。川上村指定文化財となっている[10]

百回忌・記念式典 [編集]

2016年6月19日、川上村に於いて、百回忌法要(龍泉寺)・没後100年記念式典(やまぶきホール)が行われた。式典では、幅広い分野に貢献した庄三郎の遺徳を偲んだ。ジャーナリストで庄三郎研究者である田中淳夫氏の基調講演の後、シンポジウム等を開催。席上、学校法人同志社の大谷実総長は「土倉翁の存在がなかったら、同志社の設立は違ったものになった。同志社にとって忘れがたい恩人」と述べ、又、日本女子大学の佐藤和人理事長・学長は「庄三郎さんは日本発展のため、女性の活躍が重要であることを学生に説いていた」と話し、「共に女子大設立に協力した広岡浅子さんにとって最大の恩人」と強調、それぞれ感謝の意を表した。[11]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新島襄 - 近代日本の先覚者』学校法人同志社編、晃洋書房、1993年。『日本女子大學校四十年史』日本女子大學校、昭和17年。『日本女子大学学園辞典 - 創立100年の軌跡』日本女子大学編集発行、2001年。
  2. ^ 『岐阜日日新聞』1882年7月30日・明治ニュース辞典 毎日コミュニケーションズ 1983年。『毎日新聞百年史』毎日新聞社、昭和47年。
  3. ^ 『自由党史 中』岩波書店、1958年。『朝日新聞夕刊』1983年10月25日。『土倉家文書目録』天理図書館編、昭和43年。
  4. ^ 蘇峰 徳富猪一郎「三代人物史傳」『読売新聞』昭和31年4月2日。
  5. ^ 『大隈重信関係文書8』早稲田大学大学史資料センター編、みすず書房、2012年。
  6. ^ 『妾の半生涯』福田英子著、岩波書店、1958年。『森と近代日本を動かした男』田中淳夫著、洋泉社、2012年。
  7. ^ 本井康博『新島襄の交遊』思文閣出版、2005年。
  8. ^ 天理図書館報ビブリア45他 「土倉家文書について」。
  9. ^ 『官報』第5589号「叙任及辞令」1902年2月24日。
  10. ^ a b “巨大磨崖碑〝化粧直し〟 - 土倉庄三郎顕彰”. 奈良新聞. (2014年8月5日). http://www.nara-np.co.jp/20140805094234.html 2014年8月6日閲覧。 
  11. ^ 『毎日新聞』2016年6月20日。『読売新聞』2016年6月21日。『奈良新聞』2016年6月30日。

参考文献[編集]

  • 国史大辞典 十巻』1989年、337頁。
  • 『吉野町史 上下巻』吉野町、1972年。
  • 田中淳夫『森と近代日本を動かした男 山林王・土倉庄三郎の生涯』洋泉社、2012年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]