大滝村 (埼玉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大滝村
三峯神社拝殿
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
大滝村、秩父市、吉田町荒川村秩父市
現在の自治体 秩父市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
秩父郡
団体コード 11367-1
面積 331.83[1]km2
総人口 1,533
(2002年3月31日)
隣接自治体 本文中を参照
村の木 トチノキ
村の花 シャクナゲ
村の鳥 コマドリ
大滝村役場
所在地 369-1998
埼玉県秩父郡大滝村大字大滝985番地[1]
外部リンク 大滝村の公式ページ(アーカイブ)
 表示 ウィキプロジェクト

大滝村(おおたきむら)は、かつて埼玉県の最西端に位置していた2005年4月1日に、秩父市吉田町荒川村と新設合併し、新たに秩父市となった。

面積は約332km2[1]、埼玉県の自治体の中で最も広かった。旧村域全体が秩父多摩国立公園に指定されていた[1]

地理[編集]

秩父山地の主脈を村域とし、村域の97%は山林である。村内には甲武信ヶ岳をはじめ、標高2,000m級の山々が12峰連なり、そこから荒川が流れ出している。よって、「荒川の源流郷」でもある。

隣接していた自治体[編集]

※1都3県と接している。平成の大合併以前は、4つの都道府県と接する自治体は大滝村のみであった。現在は秩父市岐阜県高山市京都府南丹市がそれぞれ4都府県と接している。

歴史[編集]

もとは江戸期より存在した幕府領に属する大滝村であった。正保年間に、北部が新大滝村として分村して成立し[2]、残った南部が元禄年間以前に古大滝村と改称された[3]。古くから林業や鉱業が盛んであった。村名の由来は中世以来からの郷村名に因む[1]

行政[編集]

歴代村長

氏名 就任 退任
初代 木村勝太郎 1889年4月1日 1890年10月10日
2代 山中与志惠 1890年10月20日 1893年4月20日
3代 松本左團次 1893年5月1日 1897年5月30日
4代 逸見亮一郎 1897年6月1日 1901年5月30日
5代 磯田鶴松 1901年7月1日 1905年3月1日
6代 山中与志惠 1905年3月15日 1906年4月30日
7代 廣瀬菊次郎 1906年5月21日 1925年3月14日
8代 山中宗治 1925年4月25日 1934年9月18日
9代 磯田正則 1934年10月2日 1946年3月26日
10代 山中一郎 1947年4月1日 1955年4月30日
11代 磯田正則 1955年5月1日 -
12代 山中敬二 - -
13代 山口芳夫 - -
14代 千島茂 - -
15代 山口民弥 - 2005年3月31日

産業[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

祭事[編集]

  • 大滝氷まつり
  • 大滝村つつじまつり
  • 奥秩父大滝紅葉まつり

名産物[編集]

  • 秩父源流水
  • 大滝みそ
  • いもでんがく
  • 純粋ハチミツ

名所[編集]

観光スポット[編集]

建造物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1310-1312頁。
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』485頁。
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』761頁。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』815-816頁。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』1419頁。
  6. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』816頁。

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104

関連項目[編集]

外部リンク[編集]