変なホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観・施設の特徴を表す画像の画像提供をお願いします。2016年6月
変なホテル ハウステンボス
ホテル概要
正式名称 変なホテル ハウステンボス
ホテルチェーン H.I.S.ホテルホールディングス
デベロッパー ハウステンボス
設計 東京大学生産技術研究所鹿島建設
運営 H.I.S.ホテルホールディングス
所有者 ハウステンボス
階数 1 - 2階
部屋数 200室
開業 2015年7月17日
最寄駅 ハウステンボス駅
最寄IC 東そのぎIC佐世保大塔IC
所在地 〒859-3243
長崎県佐世保市ハウステンボス町
位置 北緯33度5分25.34秒 東経129度47分16.04秒 / 北緯33.0903722度 東経129.7877889度 / 33.0903722; 129.7877889座標: 北緯33度5分25.34秒 東経129度47分16.04秒 / 北緯33.0903722度 東経129.7877889度 / 33.0903722; 129.7877889
公式サイト (日本語) 公式サイト
テンプレートを表示

変なホテル(へんなホテル、英称Henn na Hotel)は、エイチ・アイ・エス (H.I.S.) グループが展開するホテル2015年平成27年)7月17日長崎県佐世保市ハウステンボスに1号店がオープンし、以後全国に展開している。

「変なホテル」の「変な」とは「奇妙な」という意味ではなく、「変わり続けることを約束する」という意味である[1]

本項目では、首都圏近畿圏などで同ブランドのホテルを運営するH.I.S.ホテルホールディングス株式会社についても記す。

概要[編集]

H.I.S.創業者でハウステンボス社長の澤田秀雄の肝いりで発足した「スマートホテルプロジェクト」の一環で誕生したホテル[2]で、「滞在時の快適性」と「世界最高水準の生産性」を両立するローコストホテルを目指して建設された[3]。2017年3月に2号店「変なホテル 舞浜東京ベイ」、8月に3号店「変なホテル ラグーナテンボス」とテーマパーク周辺に相次いで開業したあと、大都市圏中心に新規店舗の展開を進めている。2019年12月時点では16店舗が営業しており、2020年中にはさらに2店舗で開業予定である。

最大の特徴は、生産性の向上(人件費の削減)を目的に、フロント業務や荷物運びなど、これまで人が担っていた業務のほとんどをロボットに任せていることで、「世界初のロボットホテル」としてギネス世界記録認定を受けた[4]。ロボットは女性姿のもの、恐竜型、人形型、ポーターロボット、卓上ロボットなど館内に約80台を配備し、人間の従業員はベッドメークや監視カメラ要員など十数人のみ。人件費を抑えることでローコストでの宿泊価格を提供している[5]。ロボット導入の他にも、顔認証システムでキーレス滞在を実現[6]し、客室内の設備は設置されたタブレットで一括操作ができる[7]

変なホテル ハウステンボス

スマートホテルプロジェクトには東京大学生産技術研究所川添善行研究室[8]鹿島建設が関与している。

2016年3月には2期棟として72室を増築したが、客室稼働率は毎月100%近い値を出している[9]。さらに、2018年12月には3期棟「サウスアーム」が増築され、全200室となった。

一般的な宿泊特化のホテルだと売上高から人件費などを引いた運営利益率(営業利益率)が30%前後であるのに対し、変なホテルは倍近い運営利益率をはじき出す高生産性を残している[10]。また、人件費の圧縮だけではなく、ハウステンボスで実証実験を行った再生可能エネルギーのノウハウを活用して、水道・光熱費のコストカットも行っている[10]

2017年8月時点で稼働しているロボットは27種類、233体に増加し、人間のスタッフは30人から7人に減っている[4]。しかし、ロボット技術の進歩による陳腐化および機能的な限界によるサービス低下の影響から、ロボットは2018年時点で15種類まで減少した[11][12]

2018年5月1日、同ホテル内に顔登録で入店できるキャッシュレスの無人コンビニをオープンした。[13]

H.I.S.ホテルホールディングス[編集]

H.I.S.ホテルホールディングス株式会社
H.I.S. Hotel Holdings Co.,Ltd
変なホテル大阪心斎橋
変なホテル大阪心斎橋
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 HHH
本社所在地 日本の旗 日本
163-6029
東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー29階
本店所在地 163-6029
東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー29階
設立 2016年11月1日
業種 サービス業
事業内容 ホテル事業
代表者 代表取締役社長 岩間雄二
資本金 10,000,000円
決算期 9月30日
主要株主 株式会社エイチ・アイ・エス 100%
外部リンク https://www.hishotelgroup.com/
テンプレートを表示

H.I.S.ホテルホールディングス株式会社(H.I.S. Hotel Holdings Co.,Ltd)は、H.I.S.グループのホテルを運営する企業。

当初はハウステンボスが直接運営する「変なホテル ハウステンボス」以外の「変なホテル」の展開のみを手がけていたが、2017年9月1日付でH.I.S.本体が有していたホテル事業部門を簡易吸収分割により承継し、H.I.S.グループのホテル事業全体を統轄する会社となった[14]

運営ブランド
  • 変なホテル
  • ウォーターマークホテル
  • グアムリーフ&オリーブスパリゾート
  • グリーンワールドホテル/ホステル

沿革[編集]

  • 2015年平成27年)
    • 1月27日 - ハウステンボスが次世代型ホテルの全貌を明らかにする[2]
    • 7月15日 - 開業に先駆けて報道陣に公開[15][16]
    • 7月17日 - 開業。
  • 2016年(平成28年)3月15日 - 2期棟完成・グランドオープン

運営店舗[編集]

運営店舗は変なホテル店舗一覧参照

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡村繁雄 (2018年3月6日). “"変なホテル"が生産性4倍を実現した理由”. PRESIDENT Online. p. 3. 2018年3月20日閲覧。
  2. ^ a b 平松さわみ (2015年1月31日). “ハウステンボス、「変なホテル」に秘めた野望” (日本語). 東洋経済オンライン. 2016年6月24日閲覧。
  3. ^ 大江岳世志「スマートホテルプロジェクトについて —世界初のローコストホテル2015年7月第一期開業—」『日本ロボット学会誌』第34巻第5号、2016年、 316-319頁、 doi:10.7210/jrsj.34.316
  4. ^ a b 岡村繁雄 (2018年3月6日). “"変なホテル"が生産性4倍を実現した理由”. PRESIDENT Online. p. 1. 2018年3月20日閲覧。
  5. ^ “ハウステンボス:フロントやボーイはロボット…変なホテル”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年7月15日). オリジナルの2015年7月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150717232050/http://mainichi.jp/select/news/20150716k0000m040056000c.html 
  6. ^ 最先端のおもてなし?「変なホテル」登場” (日本語). elthe (2015年7月17日). 2016年6月24日閲覧。
  7. ^ News Center Japan (2015年6月22日). “ハウステンボスの「変なホテル」の全客室に Windows タブレットと Skype for Business Online を採用” (日本語). マイクロソフト. 2016年6月24日閲覧。
  8. ^ 山田祥平 (2015年7月17日). “ロボットがフロントやベルマンを務める「変なホテル」がハウステンボスにオープン” (日本語). インプレス. 2016年6月24日閲覧。
  9. ^ 山沢義徳 (2016年9月3日). “客室稼働率100%! ロボット〝182人〟が活躍する変なホテルが大人気 世界に100店舗展開へ (2/5)ページ”. 産経新聞. 2017年9月22日閲覧。
  10. ^ a b 岡村繁雄 (2018年3月6日). “"変なホテル"が生産性4倍を実現した理由”. PRESIDENT Online. p. 2. 2018年3月20日閲覧。
  11. ^ 「変なホテル」“脱ロボ”化の異変、ハウステンボスの目論見”. ニュースイッチ (2019年1月12日). 2019年1月21日閲覧。
  12. ^ 奇抜さで注目集めた日本のロボットホテル、ロボット従業員の半数が「解雇」されていたって?”. @niftyニュース. サーチナ (2019年1月17日). 2019年1月21日閲覧。
  13. ^ ハウステンボス「変なホテル」に無人コンビニがオープン--顔登録で入店、キャッシュレスで - CNET Japan
  14. ^ “H.I.S.ホテルホールディングス株式会社との会社分割(簡易吸収分割)契約締結に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社エイチ・アイ・エス, (2017年7月28日), https://www.his.co.jp/material/pdf/n_co_20170728_1.pdf 2018年1月27日閲覧。 
  15. ^ ロボットが対応する「変なホテル」、報道陣に公開”. StartHome. KINGSOFT JAPAN (2015年7月16日). 2015年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月28日閲覧。
  16. ^ 湯地正裕 (2015年7月16日). “ロボットが接客…ハウステンボスに「変なホテル」” (日本語). 朝日新聞. 2016年6月24日閲覧。

外部リンク[編集]