ハッカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハッカン
Stavenn Lophura nycthemera 00.jpg
ハッカン
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: Lophura
: ハッカン
L. nycthemera
学名
Lophura nycthemera
Linnaeus, 1758
和名
ハッカン
英名
Silver Pheasant
Lophura nycthemera

ハッカン (白鷴、学名:Lophura nycthemera)は、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

中国南部、および周辺地域

形態[編集]

オスで全長90~130cm・体重0.9~1.5kg、メスで全長50~70cm・体重0.7~1kgになる。オスは白と黒の染め分けになった独特の羽毛を持ち(種小名nycthemeraはこの染め分けのコントラストに因む命名で『夜のような黒』と言った意味が込められている)、顔の裸出と脚の赤が目立つ。メスは多くのキジ類と同じく褐色で地味。

生態[編集]

標高2700m前後の山地の森や竹薮に暮らしている。 地上性。餌は草の実や芽、昆虫など。繁殖期にはオスは金属的な鳴き声を発する。古くから飼い鳥として知られ、日本にもかなり以前から持ち込まれていた。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類


Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類


絶滅危惧評価[編集]

参照・注釈[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]