リスザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リスザル属
Saimiri
Saimiri sciureus-1 Luc Viatour.jpg
コモンリスザル Saimiri sciureus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目(霊長目) Primates
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 広鼻下目 Catarrhini
: オマキザル科 Cebidae
亜科 : リスザル亜科 Saimiriinae
: リスザル属 Saimiri

リスザル(栗鼠猿)は、リスザル亜科 (Saimiriinae) 、リスザル属 (Saimiri) に属するサルの総称。ただし、特にそのうちの1種、コモンリスザル Saimiri sciureus を単に「リスザル」と呼ぶこともあるため、注意を要する。

体長約29cm、尾長約41.5cm。大きさがリスのように小さく、体色も似通っていることから「リスザル」と呼ばれる。中南米の森林に集団で生息し、木の実小鳥を食べる。

ペットとして需要があり「もっとも飼育しやすいサル」と言われているが、あくまで「サルの中」での話であり、ペットとしてはかなり飼育が難しい部類に入る。軽い気持ちで購入してトラブルになる例もあるという。

リスザルは世界で初めて宇宙旅行をした霊長類である。1958年12月13日、"Gordo"と名付けられたリスザルが、アメリカ合衆国ジュピターAM-13に載せられて打ち上げられた。"Gordo"を載せた宇宙船は宇宙空間を2,000kmほど旅行した後大西洋に着水したが、パラシュートの機構の問題によりほぼ墜落状態で、"Gordo"の生還はかなわなかった。世界初の宇宙から生還した動物はアカゲザルクモザルで、その翌年のことであった。

ビタミンD3要求量が高いため、くる病モデル生物として使用される。