アカゲザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アカゲザル
Macaque India 3.jpg
アカゲザル Macaca mulatta
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Eutheria
: 霊長目 Primate
亜目 : 直鼻猿亜目 Haplorrhini
: オナガザル科 Cercopithecidae
亜科 : オナガザル亜科 Cercopithecinae
: マカク属 Macaca
: アカゲザル M. mulatta
学名
Macaca mulatta
Zimmermann1780
和名
アカゲザル(赤毛猿)
英名
Rhesus macaque
Rhesus monkey

アカゲザル(赤毛猿、Macaca mulatta)は、哺乳綱霊長目オナガザル科マカク属に分類されるサルの一種。実験動物として利用されるほか、日本では野生化している外来種である [2]

分布[編集]

Rhesus Macaque area.png

アフガニスタンからインド北部、中国南部にかけて分布する。

日本では千葉県房総半島に外来種として定着している[3]

形態[編集]

頭胴長47-64cm、尾長19-30cm[3]。体毛は褐色、上半身はより灰色がかり、下半身は赤黄色がかる。ニホンザルに似るが、尾は長め。

生態[編集]

昼行性で、10-50頭の群れで生活する。雑食性。

人間との関係[編集]

1960年にリトル・ジョー1Bロケットに乗せられるミス・サムと名付けられたアカゲザル

宗教・文化[編集]

ヒンドゥー教ではアカゲザルは神聖な動物とされている。

実験動物[編集]

  • 本種は、もともと実験動物として広く利用されている動物で、 マーキュリー計画によりリトル・ジョーロケットに乗ったサルでもある。また2017年には中国の研究グループが霊長類として初めてアカゲザルのクローンを作成した[4]
  • Rh式血液型の「Rh」は、アカゲザルの英名 rhesus macaque に由来している。

日本での野生化[編集]

日本では、県南地域の観光施設で飼育されていた本種が施設の閉鎖に伴い逃げ出し、野生化したものが1995年から千葉県房総半島で確認されている[3] [5]。2005年度の調査では、350-380頭の生息が推定されている[6]。これにともない、本種と近縁なニホンザルとの交雑が2004年に確認され、遺伝子汚染の問題が広がりつつある[3][6][7]。また、柿などの農業被害も報告されている[3]。 そのため、外来生物法により特定外来生物に指定されており、飼育には特別な許可が必要となる[3][2]。同様の問題は、和歌山県に定着したタイワンザルでも発生しており、根絶へ向けて一定の成果を上げた[3][8]。千葉県は在来種のニホンザルの消滅の危機として[9]、市町村や環境省、学会らと連携しての対策を進めている[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Timmins, R. J., Richardson, M., Chhangani, A., Yongcheng, L. (2008年). "Macaca mulatta". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4. International Union for Conservation of Nature. 
  2. ^ a b c “房総のニホンザル 守れ 外来種との交雑対策 県が本腰”. 東京新聞. (2017年4月22日). http://archive.today/2018.04.21-114205/http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201704/CK2017042202000153.html 2018年4月21日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  4. ^ “中国の研究所、クローン猿作成に初成功”. BBC. (2018年1月26日). http://www.bbc.com/japanese/42829580 2018年4月21日閲覧。 
  5. ^ “外来ザルと交雑3割 DNA鑑定、57頭処分 老朽フェンス損傷で 富津・高宕山動物園”. 千葉日報. (2017年2月21日). http://archive.today/2018.04.21-120509/https://www.chibanippo.co.jp/news/national/388087 2018年4月21日閲覧。 
  6. ^ a b 川本芳・川本咲江・川合静・白井啓・吉田淳久・萩原光・白鳥大祐・直井洋司「房総半島に定着したアカゲザル集団におけるニホンザルとの交雑進行 (PDF) 」 、『霊長類研究』第23巻第2号、2007年、 81-89頁、2011年11月17日閲覧。
  7. ^ “ニホンザル3割が交雑種 千葉・富津、57頭駆除”. 産経新聞. (2017年2月22日). https://www.sankei.com/photo/daily/news/170222/dly1702220012-n1.html 2018年4月21日閲覧。 
  8. ^ “特定外来生物「タイワンザル」、和歌山で根絶宣言へ”. 朝日新聞. (2017年11月24日). http://archive.today/2018.04.20-020744/https://www.asahi.com/articles/ASKC955TJKC9PLBJ00C.html 2018年4月21日閲覧。 
  9. ^ “交雑浸透で消滅の恐れ 房総“純粋”ニホンザル 外来種アカゲザルと”. 千葉日報. (2013年3月3日). https://www.chibanippo.co.jp/news/national/125533 2018年4月21日閲覧。 

外部リンク[編集]