怒羅権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
怒羅権
設立1988年
設立場所日本の旗 日本
東京都江戸川区葛西
活動期間1988年 - 現行
活動範囲東京都区部多摩地域神奈川県大阪府福井県福岡県など
構成員数
(推定)
約900人[要出典]
友好組織東北幇住吉会関東連合中華龍[要出典]

怒羅権(ドラゴン[1])は、日本首都圏を拠点とする、中国残留孤児の2世らを中心とした[2]ストリートギャング[3]、不良グループ[4]。2011年から、警察庁は怒羅権をチャイニーズドラゴンと呼称を決め、カタカナ表記するよう通達している。これは暴走族集団としての怒羅権の活動が広範化していることを踏まえ、総合的犯罪集団としての位置付けを意識したものと考えられる。2013年には準暴力団の認定を受けている[4][5]

概要[編集]

中国残留孤児帰国者の一時入所施設「常盤寮」があった東京都江戸川区葛西で1988年頃に結成された[6]。創設期メンバーの汪楠によれば、汪は日本語が十分に話せないために学校でいじめに遭っていた[7]。後に怒羅権を結成する残留孤児2世らは、残留孤児2世を受け入れる限られた高校に通っており、やはり日本人から凄絶ないじめを受けていた者もいた[4]。いじめや差別に対抗するために同じような境遇の残留孤児2世ら12人が怒羅権を結成[7]。経緯からも元は暴走族やマフィアの団体として結成した訳ではなかったが、不良グループの襲撃に対抗するために集団下校していた団体が創立メンバーになり、後に非行少年化した[8]。ドラゴン、すなわち中国を、『怒』は日本人からのいじめに対する「怒り」を、『羅』は強敵を倒す「羅漢」を、『権』は、自分たちの「権利」をそれぞれ表している[4]。ただし、汪楠によれば最初はカタカナで「ドラゴン」と名乗っていたのが、日本語が出来ずによく間違えたために漢字を当てて「怒羅権」としたという[9]。1989年には残留孤児2世の女子高校生が日本の暴走族グループに暴行を受ける事件が発生し、本格的な抗争に発展[4]。武装した怒羅権は対立する日本の暴走族を傘下に収め(90年頃には地元の暴走族はほとんど制覇し、王子や府中にも勢力を拡大した[9])、更に凶暴性を増していった[4]

怒羅権は、暴力団対策法の適用外に当たる集団であるが、刃傷暴行・拳銃所持・殺人・強盗・覚醒剤密輸・危険ドラッグ密売・みかじめ料徴集などの凶悪犯罪が多い。90年代は暴走族から発祥したが、逮捕者には30代以上が多く、50代で逮捕されている者もいる。構成員らは蛇頭東北チャイニーズマフィア(東北幇)などと連携し国際犯罪とも関係している。

関東連合と並んで、暴力団対策法の適用外にあたる不良集団、いわゆる“半グレ”の顕著な例と言われる[10]警察庁の把握によれば首都圏の各地に複数のグループが存在し、総勢は数百名とも言われる[11]。2013年に準暴力団に指定された[12]

情勢[編集]

勢力[編集]

暴走族グループは、東京都江東区、江戸川区[13]を縄張りとし、葛西怒羅権、深川怒羅権、府中怒羅権、王子華魂、赤羽華龍のようにいくつかの暴走グループがある。葛西怒羅権は2009年に金属バットで無関係な少年らの顔を殴る事件を起こしている[14]。怒羅権は刃物を所持しているため、他の暴走族から「包丁軍団」と言われている[15]包丁の他、ナイフ鈍器でもって[16]、敵対する暴走族を襲撃している。

1990年代は怒羅権の凶悪犯罪が多く、五星紅旗を掲げ、武器を所持して警察(交番パトカー[17]を襲撃する事件を繰り返している。脱退しようとした構成員[18]や暴力団員[19]、通行中の一般市民を殺害する事件なども起こしており、1999年6月に発生した殺人事件でメンバー1人が現在も逃亡中で、全国に指名手配されている[20]

最盛期には3000人が所属したとも言われる。元メンバーの汪楠によれば、汪が所属した時期で多い時には確実に800人ほどが所属し、その頃にはメンバーの3分の2が日本人だったという[8]

組織[編集]

本部は葛飾にあり、東京都内に計5支部[21]、横浜、大阪、福井、福岡にもグループが存在する[22]。東京都内でクラブの実権を握り、それらクラブでイベントを開くギャル界やサークル界への影響力を確立、久田将義(2013年)によれば、とりわけ東京渋谷の闇社会における影響力には関東連合のそれを凌ぐものがあるという[15]。しかしかつては全国に30近くあった支部もだいぶん減り、幹部は5人だが、うち3人が逮捕されていて、幹部会を開けない状態にあるとされる[21]。組織は現在は総勢300人程度とされ、各支部は独立採算とされる[21]。創設メンバーである幹部は既に50代になっているが、誰も引退しないために高齢化が始まっている。現在、組織の大半を占めるのは在日2世で、だいたい40代後半、残りは3世で多くが20代とされる。[21]

暴走グループは成人となるとマフィア的性格を帯び、東北グループ(東北幇)を形成する。通称「大偉(ター・ウェイ、後述)」と「小偉(シアオ・ウェイ)」と呼ばれる兄弟関係を中心にいくつかのグループに分かれている。大偉グループ(約200人)や金山(キンザン)グループ(約130人)[23]などがある。

日本の暴力団暴力団対策法で厳しく規制されて弱体化しているのに対し、怒羅権は半グレ組織であるため暴対法の規制がない。また、中華圏の犯罪者・犯罪組織や国際犯罪とも繋がりをもつが、怒羅権構成員は日本国籍者や一般永住者であることも多く、犯罪で検挙されても日本国外への退去命令や強制送還などの処分となる事はほぼ無い。そのため、「暴力団も恐れる」チャイニーズドラゴンとして紹介されることもある[24]

活動[編集]

中国人の経営する店へみかじめ料を要求して刃物で恫喝[25]、パチンコの裏ロム、ハイウェイカードやクレジットカードの偽造[26]振り込め詐欺[27]偽装結婚不法就労[28]覚せい剤の密売、窃盗(自動販売機、車上狙い、貴金属)などの犯罪行為を行っている[29][30]。2002年9月には、住吉会系暴力団の幹部が歌舞伎町の喫茶店で中国人に射殺され報復とみられる事件が相次いだ[22]

怒羅権の元リーダーは、残留孤児二世として来日し日本国籍と日本名を持つが、日本で高級車と貴金属の強盗・自動車部品密輸・カード詐欺などの犯罪行為を行い、覚せい剤密輸で一年間収監された。 怒羅権のメンバーは日中貿易など合法的なビジネスにも手を伸ばしている[31]。合法的な商売であっても客の取り合いなどで暴力事件を起こしている[32]

他勢力関係[編集]

歌舞伎町で新興の福建グループ(三弟グループ)[33]が上海グループと抗争し共倒れると、東北グループが勢力を拡大。住吉会と対立し、2002年には射殺事件を起こすが、後に和解し協力関係を築く[34]。ある中堅幹部は2009年に受けたインタビューにおいて、山口組住吉会稲川会、および工藤会などの暴力団組織の関係者らとの自身の繋がりを示唆している[30]関東連合とは友好関係にある[15]

事件[編集]

  • 1989年、浦安市まで遠征した帰りに怒羅権メンバー8人が地元の暴走族に襲撃される。50人相手に刃物を振り回し、メンバーが相手の一人を殺傷。怒羅権メンバー1人が逮捕された(浦安ウエスタン事件)。怒羅権が犯罪集団化する契機となった[9]
  • 2007年、貴金属卸売店や貴金属加工会社など3軒が襲撃され、約2億円相当の金品が奪われた連続強盗事件で、日本人と中国人4人が逮捕された。4人のうち2人は容疑を認め、2人は否定している。否定している1人は、怒羅権のリーダーと見られている[35]
  • 2009年、企業を恫喝する不当要求行為をした構成員2名が、警察に検挙された。
  • 2009年、高校生らを金属バットで襲撃[36]
  • 2010年6月から9月にかけて、競馬の勝ち馬情報を教える詐欺行為で、11人が逮捕された。うち数人が怒羅権のメンバー。23件、約1300万円の被害が確認されている。メンバー1人が現在も逃亡中で、指名手配されている[37][38]
  • 2010年10月27日、怒羅権幹部の中国人留学生が、偽造身分証明書を用いて不正に携帯電話利用契約をし、携帯電話販売店から契約破棄と電話機返還を要求された。留学生は、返還に応じるとして販売店経営者を都内の路上に呼びだした。経営者が従業員5名を伴い、車で待ち合わせ場所に行くと、留学生が鉄パイプで車を襲撃、経営者らを殴打した。留学生は逃走したが、翌年6月、警察に検挙された。
  • 2010年11月7日、後輩の男子生徒に「1時間以内に5万円を用意しろ」と脅し、目隠しして両手を縛り車で監禁暴行して金を奪ったとして、警察は怒羅権の元総長の少年ら4人を逮捕した[39]
  • 2011年4月1日、都内路上で、怒羅権の最高幹部が刃物を振り回し、通行人2名を負傷させ逃走する事件が発生。同年12月逮捕された。
  • 2011年7月6日、怒羅権構成員が、路上で住吉会系暴力団組員の男性を中華包丁で切りつけ、耳を切り落とすなどの傷害容疑で逮捕された[40]。現場には複数の怒羅権構成員がおり、警察は他のメンバーも関与した疑いがあるとみて捜査。
  • 2012年1月11日、警官に対して拳銃発砲した殺人未遂罪や窃盗罪など10の罪で広島刑務所に服役していた中国人が、管理の不備をつき脱走。男は怒羅権メンバーと見られており、脱走後は怒羅権の支援者らと接触した可能性がある[41][42]。1月12日には民家へ空き巣に入り、翌1月13日、広島市西区天満町で逮捕された[43]広島刑務所中国人受刑者脱獄事件)。容疑者については、怒羅権構成員ではないとする見方もある[44]
  • 2012年12月、元リーダーで住吉会系組員の男が、先立つ2011年12月、東京六本木の飲食店内で山口組系の組幹部(落合金町連合[45])や元組員らに集団暴行を加えた事件で、その主犯格として関東連合元メンバーら3名とともに逮捕された[46]
  • 2015年、新宿歌舞伎町にて青竜刀をつきつけて暴行[47]
  • 2017年7月、元リーダーの男が、拳銃2丁などを隠し持っていたとして警視庁に逮捕された[48]
  • 2018年3月、元幹部の男が拳銃1丁と実弾12発を隠し持っていたとして愛知県警に逮捕された[49]
  • 2020年5月、新宿歌舞伎町で観光客2人に対し、頭を踏みつけるなどの暴行を行い一か月の怪我をさせたとしてメンバー3人が逮捕された[50]
  • 2021年、約4億円の覚醒剤の密輸[51][52]
  • 2021年11月、元幹部でNPOの代表をしていた男が経営者女性への恐喝に関わっていたとして千葉県警に逮捕された[53]
  • 2022年10月、池袋「サンシャイン60ビル」にて、仲間の出所祝いのためにメンバー約100人による貸し切りパーティーを行う。仲間うちのいざこざから乱闘騒ぎになり1人が頭から出血し救急搬送された[54][55]

関連人物[編集]

総長
  • 佐々木秀夫(ささきひでお)
初代総長、本名:張栄興[56]〈ジャン・ロンシン〉中国[57]。大工。YouTuberとして活動している[58]
結成メンバー
  • 汪楠(ワン・ナン、日本語読み:おう くすのき[59]
1972年、中国・ 吉林省長春市生まれ[8]。怒羅権創設期メンバー。「府中怒羅権」 創設者[9]
著名な関係者
  • 大偉(ターウェイ)
1966年、中国・黒竜江省生まれ。 怒羅権の「影のボス」としてメンバーを統率したほか、1990年代半ばに台頭した日中混成強盗団のリーダーとされる。
父親は中国共産党の元幹部。母親は満州の日本人中国残留孤児。少年時代に周囲の中国人から猛烈ないじめを受けるも、「理不尽には暴力で対抗」することを実践した。17歳で人民解放軍に入り、20歳で母親と親族らと来日。23歳ごろには友人らと貿易会社を起業するなど、中国人社会の中で頭角を現した。新宿歌舞伎町での風俗店の経営や、パチンコの裏ロム販売、窃盗品の販売など非合法な商売も手掛け、勢力は葛西、錦糸町上野にも及んだ[4]
大偉は怒羅権の各種犯罪の指示、関与をしていたとみられたが、長く警察当局に検挙されることはなかった。 2005年2月、覚醒剤の所持と使用で逮捕。有罪判決を受け服役し、数年後に満期出所した。出所後、大偉は中国に帰国し各地を転々とした後、北京市内にいると考えられている[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 違法ハーブ販売 飲食店経営の男逮捕 「怒羅権」メンバー?』 2012年6月6日 MSN産経ニュース
  2. ^ 「怒羅権」メンバー逮捕へ 警視庁 傷害容疑 男性に因縁、耳切断』 2011年7月6日 MSN産経ニュース
  3. ^ “フィリピン版「怒羅権」? 危険ドラッグ欲しさにひったくり 不良少年グループの実態とは”. 産経新聞. (2014年8月23日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140822/crm14082220590016-n1.htm 2014年8月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h 元リーダー逮捕!「怒羅権」とはどういう組織なのか” (日本語). デイリー新潮. 2022年1月27日閲覧。
  5. ^ #アベプラ②怒羅権創設メンバーが生出演 なぜ半グレの道に?カンニング竹山が聞く - ABEMA Prime(2021年3月15日)
  6. ^ 「中国残留孤児2世中心の暴走族グループ「怒羅権(ドラゴン)」摘発」毎日新聞1990年12月20日夕刊
  7. ^ a b 貧困、いじめ、犯罪…中国残留孤児の子や孫世代の不良集団「怒羅権」メンバーが更生までの道つづる:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2022年1月27日閲覧。
  8. ^ a b c 編集部, ABEMA TIMES. “「怒羅権」創設の元メンバーが語った日本社会からの“疎外” 孤立する外国ルーツの子どもたちは今も… | 国内”. ABEMA TIMES. 2022年1月27日閲覧。
  9. ^ a b c d 半グレ集団・怒羅権(ドラゴン)創設メンバーが「罪を懺悔する」”. FRIDAYデジタル. 2022年1月27日閲覧。
  10. ^ 怒羅権(ドラゴン)、関東連合…半グレ集団が台頭したワケ』 2012年11月18日 メンズサイゾー - ライブドアニュース
  11. ^ 全国的グループになっている怒羅権小野登志郎 2013年4月5日 WEBRONZA
  12. ^ “フィリピン版「怒羅権」? 危険ドラッグ欲しさにひったくり 不良少年グループの実態とは”. 産経新聞. (2014年8月23日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140822/crm14082220590016-n1.htm 2014年8月24日閲覧。 
  13. ^ 「東京はおそろしい」 茨城の少年グループ襲撃、暴走族8人逮捕 (1/2)』 2009年3月9日 産経新聞
  14. ^ 元「親衛隊長」らが暴走族復活へ“指導” 「怒羅権」OBらを逮捕』 2009年4月21日 産経新聞
  15. ^ a b c 単純に準暴力団と片づけられない怒羅権久田将義 2013年4月5日 WEBRONZA
  16. ^ 実話マッドマックス」 2004年11月号[要ページ番号]
  17. ^ 「パトカー襲い仲間を奪還、暴走族30人」 産経新聞 1998年11月27日
  18. ^ 「リンチ殺人の主犯格逮捕」 産経新聞 1999年9月9日夕刊
  19. ^ 「暴走族、暴力団組員を襲う」 産経新聞 1999年4月22日朝刊
  20. ^ 綾瀬五丁目マンション敷地内殺人事件(足立区内殺人事件) 警視庁”. www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp. 2021年11月3日閲覧。
  21. ^ a b c d 池袋乱闘「チャイニーズドラゴン」500人結集したメンバー葬儀の緊迫写真! 苛烈な内部抗争に現・10代目リーダーが仲裁も”. Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]. 光文社 (2022年10月25日). 2022年11月15日閲覧。
  22. ^ a b 緒方健二 (2009年10月18日). “『シリーズ「在日華人」』「非合法ビジネス、日本人取り込む――第7部〈犯罪底流〉」”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/special/kajin/TKY200910180105.html 
  23. ^ 【明解要解】残留孤児の2世・3世がマフィア化 同胞からみかじめ料取り勢力拡大 (1/3)』 2008年9月1日 産経新聞
  24. ^ 「暴力団も恐れる」チャイニーズドラゴン 100人規模“出所祝い”はフランス料理店 大乱闘に「やりたい放題」だが あのマル暴が・・・|FNNプライムオンライン”. FNNプライムオンライン. 2022年10月17日閲覧。
  25. ^ 「店の権利売れ」 日本刀を振り回した中国人ら逮捕』 2009年5月21日 産経新聞
  26. ^ 『来日外国人犯罪の検挙状況(平成18年)』「第2 来日外国人犯罪組織等の動向と犯罪インフラの状況」」”. 警察庁 (2006年). 2009年12月17日閲覧。
  27. ^ 中国マフィア「振り込め」と接点 資金源確保狙い? 警視庁など捜査 (1/2)』 2009年1月21日 産経新聞
  28. ^ 立川で違法マッサージ店経営 中国人を逮捕』 2009年3月17日 産経新聞
  29. ^ 「中国人マフィア最大勢力の幹部逮捕 覚醒剤の使用容疑」 産経新聞 2008年5月30日
  30. ^ a b カネになる…中国人と組む暴力団——第7部〈犯罪底流〉 (1/2)』 2009年10月18日 朝日新聞
  31. ^ 商談相手を酒瓶で殴打 都内最大の中国マフィア幹部逮捕』 2008年11月7日 産経新聞
  32. ^ 「おれは八王子のボス」 エステ店の女性脅し頭にガラス刺す 中国残留孤児グループ幹部ら逮捕 - 産経新聞 2011年11月28日
  33. ^ 『平成15年警察白書 』「第1章 組織犯罪との闘い(3)来日外国人等によって構成された犯罪組織」”. 警察庁 (2003年). 2009年12月17日閲覧。
  34. ^ “歌舞伎町中国マフィア肥大化”. 東京新聞. (2003年12月10日朝刊) “歌舞伎町 中国マフィア肥大化 暴力団と結束、150人規模の結団式”. 産経新聞. (2003年12月8日) 
  35. ^ “1億2千万円強奪容疑 不良グループ「怒羅権」リーダーら4人逮捕 山梨の貴金属連続強盗”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2011年5月19日). オリジナルの2012年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120116175213/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110519/crm11051912070016-n1.htm 2011年5月19日閲覧。 
  36. ^ 暴力団も恐れる凶暴な“準暴力団”…池袋で集団乱闘のチャイニーズドラゴンとは?(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
  37. ^ “競馬の勝ち馬情報詐欺で怒羅権メンバー逮捕 - MSN産経ニュース”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年9月1日). オリジナルの2012年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120416034052/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110901/crm11090118160024-n1.htm 2012年9月1日閲覧。 
  38. ^ 向島署 詐欺事件被疑者の公開手配:警視庁
  39. ^ “「5万円用意しろ」と脅迫→千円しかなく激怒…後輩を監禁、強盗容疑で元暴走族総長ら逮捕”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年4月5日). オリジナルの2012年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120921131110/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110405/crm11040513270006-n1.htm 2012年4月5日閲覧。 
  40. ^ 「怒羅権」メンバー逮捕 耳切り落とした疑い』 2011年7月6日 テレビ東京
  41. ^ “【広島脱走事件】李容疑者は中国残留孤児不良グループ「怒羅権」のメンバーか 支援者と接触の可能性も”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年1月12日). オリジナルの2012年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121031172024/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120112/crm12011215030016-n1.htm 2012年1月12日閲覧。 
  42. ^ “脱走の凶悪中国人“怒羅権”メンバーか…恐怖に包まれる広島 - 政治・社会”. ZAKZAK (ZAKZAK). (2012年1月12日). オリジナルの2012年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120119034929/http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120112/dms1201121534018-n1.htm 2012年1月12日閲覧。 
  43. ^ “脱走容疑の中国人受刑者逮捕 広島市内で身柄確保”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2012年1月13日). オリジナルの2012年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120113093714/http://www.asahi.com/national/update/0113/OSK201201130098.html 2012年1月13日閲覧。 
  44. ^ “李国林と怒羅権の実像とは”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2012年1月26日). http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/2012012400004.html 2012年1月26日閲覧。 
  45. ^ 第8回 難航する六本木「フラワー」襲撃事件の闇久田将義 2012年10月5日 MSNドニッチ!
  46. ^ 六本木襲撃、実行犯特定 怒羅権元リーダーら4人に逮捕状』 2012年12月20日 MSN産経ニュース
  47. ^ 暴力団も恐れる凶暴な“準暴力団”…池袋で集団乱闘のチャイニーズドラゴンとは?(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
  48. ^ 元リーダー逮捕!「怒羅権」とはどういう組織なのか”. デイリー新潮 (2020年7月24日). 2020年10月10日閲覧。
  49. ^ 中国残留孤児2、3世らの不良グループ「怒羅権」元幹部の男逮捕 愛知県警、拳銃所持疑い”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2018年3月2日). 2020年10月10日閲覧。
  50. ^ 歌舞伎町で中国人観光客に暴行、ドラゴン構成員ら逮捕 警視庁”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2020年5月17日). 2020年10月10日閲覧。
  51. ^ 暴力団も恐れる凶暴な“準暴力団”…池袋で集団乱闘のチャイニーズドラゴンとは?(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
  52. ^ 暴力団も恐れる凶暴な“準暴力団”…池袋で集団乱闘のチャイニーズドラゴンとは?(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
  53. ^ 女性取り囲み「暴れてもいいんだよ」…用心棒代として現金要求 男ら3人を逮捕 千葉県・市川市”. Yahooニュース. Abema Times (2021年11月13日). 2020年11月10日閲覧。
  54. ^ 池袋の100人乱闘騒ぎ、「チャイニーズドラゴン」が出所祝いか:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2022年10月17日). 2022年10月16日閲覧。
  55. ^ 日本放送協会. “池袋 乱闘騒ぎ “チャイニーズドラゴン”メンバーら出所祝いか | NHK”. NHKニュース. 2022年10月17日閲覧。
  56. ^ 「チャイニーズドラゴン」リーダーら4人を逮捕 みかじめ料70万円を恐喝 警視庁 - 産経ニュース
  57. ^ 路上で男性殴ったか、「怒羅権」初代総長の男逮捕 TBS NEWS
  58. ^ 正統版 怒羅権列伝初代佐々木秀夫公式チャンネル - YouTube”. www.youtube.com. 2022年1月27日閲覧。
  59. ^ 編集部, ABEMA TIMES. “「怒羅権」創設の元メンバーが語った日本社会からの“疎外” 孤立する外国ルーツの子どもたちは今も… | 国内”. ABEMA TIMES. 2022年1月27日閲覧。

関連書籍[編集]

  • 汪楠 『怒羅権と私 ~創設期メンバーの怒りと悲しみの半生』彩図社、2021年1月27日。ISBN 4801304370 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]