カタモミ女子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カタモミ女子
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2010年 - 2015年
事務所 ソフト・オン・デマンド
共同作業者 時田雄磨
公式サイト 公式サイトアーカイブ(2016年1月)

カタモミ女子(カタモミじょし)は、日本女性アイドル・グループおよび渋谷秋葉原に存在した肩のリフレクソロジー店舗。いずれも肩もみによるコミュニケーション、カタモミニケーションをコンセプトとしていた。2015年に店舗は営業終了。2016年にグループ解散。プロデュースはいずれも時田雄磨[1]。グループ公式サイトでは「カ・タ・モ・ミ・女子」と表記された。

カタモミ女子秋葉原店

経歴[編集]

2012年4月、ソフト・オン・デマンド(SOD)が渋谷宇田川町・育真ビルに「全日本肩もみ愛好会」をオープン[2][3]。マッサージやリラクゼーション店が増える中での、女性店員とお客とのカタモミによるコミュニケーション、カタモミニケーションをコンセプトとした。初代店長は野田みさと。立ち上げのプロデューサーは新井由紀子[4]

同年11月には店舗名を「カタモミ女子」に変更[5]。また、「アイドルに肩を揉まれる店」を掲げ店舗で実際に勤務するメンバーによる同名のアイドルグループをプロデュース[6]。グループは16人でスタートした。楽曲提供及びプロデュースには時田雄磨が就任。

2013年6月、秋葉原・神タワー1階に2号店をオープン[7]。同日より渋谷店が一時休業、のちに閉店。秋葉原一店舗となってからは同ビル3階に所在する神スペース[8]を常設ライブ会場としていた。また、秋葉原店はズームイン!!サタデー[9]そんなバカなマン[10]でも取り上げられた。

2015年頃にはメンバーを8人に固定。3月にメンバー6人が卒業するが、平塚由佳潮田ひかるが残留。その模様は2015年7月5日にフジテレビ「ザ・ノンフィクション」で取り上げられ[11]東野幸治が2015年一番面白かったと絶賛した[12]

11月23日、SODの事業再編に伴い秋葉原店を閉店[13]。2016年1月23日、カタモミ女子公式ブログにて2月11日をもってのカタモミ女子解散が発表される[14]

2017年4月2日、フジテレビ「ザ・ノンフィクション」において脱退、解散からメンバーとファンの現在までを描いたドキュメンタリー第2弾が放映された[15][16]

解散時のメンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • 田内友里愛(中野たむ)
  • 間宮一子(一宮麻由加)
  • 小泉りりあ(小泉りあ)
  • 南玲奈(→那波玲奈(Summer Rocket)→瀧井あさひ(アライブとレイニー))
  • 赤根京
  • まゆ菜
  • 真田真奈美
  • 唐澤すみね
  • 林宏美
  • 森田芽生
  • 里谷明莉
  • 坂巻美雨
  • 田宮杏菜
  • 白濱佑梨(ゆりりん)
  • 田中愛梨
  • 四方桃香(四方桃子)

作品[編集]

アルバム[編集]

  • カタモミEP(2015年10月25日)

イメージビデオ[編集]

  • はじめまして!私達! カタモミ女子です!!vol.1(2013年8月22日、ソフト・オン・デマンド)
  • はじめまして!私達! カタモミ女子です!!vol.2(2013年9月19日、ソフト・オン・デマンド)
  • はじめまして!私達! カタモミ女子です!!vol.3(2013年10月24日、ソフト・オン・デマンド)
  • はじめまして!私達! カタモミ女子です!!vol.4(2013年10月24日、ソフト・オン・デマンド)
  • はじめまして!私達! カタモミ女子です!!vol.5(2013年11月21日、ソフト・オン・デマンド)

出典[編集]

  1. ^ [ザ・ノンフィクション 【中年純情物語〜地下アイドルに恋して〜】 の番組概要ページ]”. NTTレゾナント (2015年7月5日). 2017年4月1日閲覧。
  2. ^ “もんでもまれてハッピーに! 女の子と「肩もみニケーション」できる店”. トレンドニュース. (2012年5月16日). https://trendnews.yahoo.co.jp/archives/090341/ 2017年3月24日閲覧。 
  3. ^ “肩もみでコミュニケーション。新感覚の癒しスポット「肩もみ屋」オープン”. マイナビニュース. (2012年5月21日). http://news.mynavi.jp/news/2012/05/21/112/ 2017年3月24日閲覧。 
  4. ^ “アイドルのプロデューサーの選考のポイント(上司)(455050)”. スラド. https://tenshoku.srad.jp/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE/455050/interview 2017年3月29日閲覧。 
  5. ^ 【リアル・ミッション代々木姉妹編】カタモミ女子に体験入店”. リアルライブ (2012年12月15日). 2017年3月24日閲覧。
  6. ^ 「会いにいける」はもう古い!?肩もみできる新感覚アイドル誕生!”. 日刊SPA!. 2017年3月24日閲覧。
  7. ^ 肩もみ専門店 カタモミ女子 2号店 オープン!!!!”. カ・タ・モ・ミ・女子 (2013年3月24日). 2017年3月24日閲覧。
  8. ^ 秋葉原駅より徒歩2分 絶好の環境にあるイベントスペース!”. 神タワー. 2017年3月24日閲覧。
  9. ^ ズームイン!!サタデー (2014年4月5日放送回) の番組概要ページ]”. NTTレゾナント (2014年4月5日). 2017年4月1日閲覧。
  10. ^ [そんなバカなマン (2015年7月29日放送回) の番組概要ページ]”. NTTレゾナント (2015年7月29日). 2017年4月1日閲覧。
  11. ^ 53歳独身「地下アイドル」ファンに密着 彼女と知り合わなければ「平凡な日々を送るしかなかった」” (2015年7月9日). 2017年3月24日閲覧。
  12. ^ “東野幸治が2015年に「失礼やけどめっちゃ笑った」番組とは?”. ライブドアニュース. (2016年1月4日). http://news.livedoor.com/article/detail/11024349/ 2017年3月24日閲覧。 
  13. ^ 「肩もみ専門店 カタモミ女子」 閉店のお知らせ”. カタモミ女子オフィシャルブログ (2016年11月23日). 2017年3月24日閲覧。
  14. ^ カタモミ女子 解散のお知らせ”. カタモミ女子オフィシャルブログ (2016年1月23日). 2016年1月24日閲覧。
  15. ^ [ザ・ノンフィクション 【その後の中年純情物語】 の番組概要ページ]”. NTTレゾナント (2017年4月2日). 2017年4月2日閲覧。
  16. ^ 「きっと、きよちゃんは幸せになれる」アイドルヲタクが見た『ザ・ノンフィクション その後の中年純情物語』”. おたぽる (2017年4月7日). 2017年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]