玄秀盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玄 秀盛(げん ひでもり、1956年5月24日[1] - )は公益社団法人日本駆け込み寺代表、株式会社オフィスGEN代表、一般社団法人再チャレンジ支援機構理事を務める。2011年7月まではNPO法人「日本ソーシャル・マイノリティ協会」(JSMA)新宿救護センター所長だった。

略歴[編集]

1956年大阪府大阪市西成区在日韓国・朝鮮人の家庭に生まれる。

中学卒業後、自動車修理工を皮切りに寿司屋、トラック運転手、靴屋、葬儀屋、キャバレー店の店長など28業種を経験した。さらに建設、不動産、調査業など10社あまりの会社を起こす。サラ金も経営したため、ヤクザとの抗争も絶えなかった。

1990年天台宗の僧侶、大阿闍梨酒井雄哉のもとで得度。2000年白血病を起こす可能性のあるウイルスであるHTLV-Iに感染していることが判明する[2]2002年5月にはNPO法人「日本ソーシャル・マイノリティ協会」(JSMA)新宿救護センターを開設した。2011年7月、日本財団の支援を受けながら、日本駆け込み寺を設立。

2012年、日本国籍を取得[3][4]

日本駆け込み寺の主な相談内容[編集]

  1. DV(ドメスティックバイオレンス)加害者・被害者からの相談
  2. 金銭トラブル
  3. 家出
  4. 刑務所出所者・出院者からの相談(家族含む)
  5. 家庭内暴力
  6. ストーカー

このほか、虐待、不登校など。 2015年には再チャレンジ支援機構とともに、出所者を中心とした飲食店の経営を開始した。

再チャレンジ支援機構の主な支援内容[編集]

  1. 出所者の就労体験実施中(2014年11月現在)
  2. 出所者居酒屋(2014年11月現在)
  3. ひきこもり・ニート(当事者・家族含む)の相談支援

著作[編集]

  • 「死ぬ前に読め!」―新宿歌舞伎町で10000人を救った生きるための知恵 新宿駆け込み寺での2000日(ぶんか社
  • 「泣いてもええねんすべてはそれからや」―玄さんの歌舞伎町駆けこみ寺(KKロングセラーズ
  • 「しあわせ駆けこみ寺」―心がふわりと軽くなる88の言葉(KKベストセラーズ
  • 「玄理玄則」―今日を生きるための言葉、明日に生かす言葉(ゴマブックス
  • 「一日一生」―新宿歌舞伎町駆けこみ寺(角川春樹事務所
  • 「新宿歌舞伎町駆けこみ寺」―解決できへんもんはない(四六判)(角川春樹事務所)
    • 「新宿歌舞伎町駆けこみ寺」―解決できへんもんはない(文庫版)(角川春樹事務所)
  • 「ヒト・モノ・カネ」男(ワル)の処世術―世の中の裏と表を知り尽くした男が指南!(大和出版
  • 「あなたにYell」(KKロングセラーズ)
  • 「生きろ」―地獄から這い上がるための教科書(メディアファクトリー
  • 「玄秀盛 金を斬る!」―新宿歌舞伎町駆けこみ寺出張相談所(マイクロマガジン社
  • 「愛と命と魂と」―生きてこそすべて―歌舞伎町駆け込み寺(KKロングセラーズ)
  • 「エリート×アウトロー 世直し対談」(集英社
  • 「悩み方、違ってます!」―2万人以上を崖っぷちから救った型破りな言葉(幻冬舎
  • 「何があっても生きる」―孤立・貧困・自死の連鎖を断つ(佼成出版社
  • 「崖っぷちからの大逆転」(清流出版
  • 「ありのままの自分で生きる法則」(KKロングセラーズ

漫画監修[編集]

映像化作品[編集]

玄秀盛を主人公にした映像化作品としては以下がある。

こちら新宿駆けこみ寺〜泣き笑い玄さん奮闘記〜
主演:高橋克実(役名:玄秀哉)
2006年6月30日 21:00〜22:52 フジテレビ金曜エンタテイメント」枠での放送。
愛・命 〜新宿歌舞伎町駆け込み寺〜
主演:渡辺謙(役名:平山秀盛)
2011年12月17日 21:00〜23:21 テレビ朝日「ドラマスペシャル」として放送。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]