大石秀一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大石秀一郎
テニスの王子様』のキャラクター
初登場 Genius4 「宣戦布告」
作者 許斐剛
鈴木裕樹(実写映画)
近藤孝行
詳細情報
性別
家族 父・母・妹
国籍 日本の旗 日本
テンプレートを表示

大石秀一郎(おおいし しゅういちろう)は許斐剛作の漫画作品およびそれを原作としたアニメ『テニスの王子様』、『新テニスの王子様』に登場する架空の人物である。アニメ版の声優近藤孝行。実写映画版の俳優は鈴木裕樹。ミュージカル版の俳優はミュージカル・テニスの王子様/2ndシーズン/3rdシーズンを参照のこと。

プロフィール[編集]

  • 学校:青春学園中等部
  • 学年:3年2組3番
  • 所属委員会:保健委員長
  • 誕生日:4月30日
  • 星座:おうし座
  • 血液型:O型
  • 身長:175cm
  • 体重:55kg
  • 足のサイズ:26.5cm
  • 視力:左0.9 右1.0
  • 利き腕:右
  • 使用メーカー
    • ラケット:WIMBLEDON(Tour Merit)
    • シューズ:NIKE(ナイキ レディ エア ズーム スターリング)
  • プレイスタイル:カウンターパンチャー[1]

人物[編集]

信頼の置ける副部長で[2]、手塚不在時には部長代理を務める少年。朝一番早く起きる為、青学テニス部の鍵当番。部長の手塚が厳格な為、穏やかな性格という事もあり、「青学の母」とあだ名されている。しかし、趣味などに関しては性格が豹変し、手塚をも驚かせるほど。ボウリングではマイグローブを持参し、利き腕とは逆の腕でもかなりの実力を見せていた。肉に関しては異常に厳しく、焼肉の食べ方から焼き方に異常なこだわりから「焼肉奉行」とあだ名されるほど(青学テニス部メンバーで焼肉屋に行ったときは、「そんなにタレをジャブジャブつけるな」「牛タンは表30秒、裏15秒」「肉汁をなんだと思っている」などと説教した)。『新-』でも合宿場の料理に出てきたステーキにまで肉汁について反応していた。ボウリング以降、このようにコメディリリーフとして描かれることも多くなった。

公式戦ではシングルス出場が一度も無く、ダブルスが弱点の青学において数少ないダブルスを得意とするプレイヤーである。優しく温厚な性格でいつも部内全体のことを考え、部員のメンタル面にも気を使う。口癖は「こりゃ大変」。部内で一番癖のないフォームを持ち、コート内全体を冷静に観察することのできる広い視野を持つ。ダブルスでは菊丸と組む。アニメ版での球技大会では、菊丸と一緒にバレーボールを行い、ダブルスの時と同様にチームワークを発揮していた。

『新-』では、U-17日本代表合宿に参加。脱落を賭けたタイブレークマッチで菊丸と対戦し敗北。その後、崖の上のコートでの特訓を経て、「革命軍」として2番コートに所属。仁王とダブルスを組み、1軍の陸奥兄弟と対戦。菊丸にイリュージョンした仁王と同調しゲームを先制したが、同調した陸奥兄弟に圧倒的な強さを見せつけられる。その後、仁王のイリュージョンを利用した「三つ子」作戦により、陸奥兄弟と同調した仁王から陸奥兄弟の思考を読み取り勝利。1軍No.16のバッジを取得した。その後、W杯中学生日本代表に選ばれる。

W杯グループ予選ではギリシャ戦の「チーム松」の先陣を切って越知とD2に出場。ヘラクレス・エヴァゲロスペア相手に気負いすぎ、真っ向勝負を持ちかけていたが三船に叱咤されてからは大石本来のテニスを取り戻す。しかし目を瞑っている間にヘラクレスの打球を受け倒れる。しかし傷の手当をし、試合に戻った際にダブルスの能力が開花。打ち合わずしてヘラクレスに精神的重圧をかけ、コート上を支配。天性のダブルスプレイヤーの才能を見出し、見事勝利を収めた。

得意技[編集]

ムーンボレー
相手の死角に落とす中ロブ気味のトップスピンボレーで、ライン上に落とすことができる。前動作でラケットを地面に滑らせるのが特徴。
ムーンボレーに見せかけてドロップボレーを打つこともあり、この動作はフェイク動作に一役買っている。
オーストラリアン・フォーメーション
ダブルスでは、難度の高い変形フォーメーション。アニメではこの陣形に似た「I(アイ)フォーメーション」も使用した。
大石の領域(テリトリー)
彼自身が相手に一番近い場所から状況を判断し、サインを瞬時に送りゲームメイクする超攻撃型のフォーメーション。
同調(シンクロ)
世界のトッププロレベルにしか見られない。全国大会の時に菊丸と同調した。『新-』では仁王とも同調が可能となった。

キャラクターソング[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st  2002年9月4日 Piece by piece NECM-11007
2nd 2004年10月27日 ホントの気持ち NECM-10010
3rd 2005年4月30日 TWO NECM-12096
4th 2008年4月30日 恋風 〜Windy day Mix〜 NECM-10106
5th 2012年4月25日 手をつないで NECM-10177
6th 2017年4月26日 恋風-2017Version- NECM-10250

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1st 2007年4月25日 月の軌道 NECA-30186
2nd 2009年4月30日 テニスの王子様 大石秀一郎が歌う童謡名曲集 〜ファミリーでたのしもう!〜 NECA-30245

参照[編集]

  1. ^ 『公式ファンブック テニスの王子様10.5』、『公式ファンブック テニスの王子様20.5』、『公式ファンブック テニスの王子様40.5』をそれぞれ参照。
  2. ^ リョーマが遅刻をした際に「道で困っているおばあさんを助けたから遅れる」という理由を全員から嘘だと見破られたが、大石が同じ理由で遅れた際には全員がその理由を疑わずに本当だと信じた。

関連項目[編集]