砂時計 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
砂時計
宇徳敬子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ZAIN RECORDS
プロデュース BMF
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1994年度年間41位(オリコン)
宇徳敬子 年表
砂時計
(1994年)

1996年
『砂時計』収録のシングル
テンプレートを表示

砂時計(すなどけい)は宇徳敬子の1枚目のアルバム。

内容[編集]

  • 宇徳敬子がソロ活動を開始してからの初のソロアルバム。
  • B.B.クィーンズMi-Ke在籍時の初めてのソロ作品「きれいだと言ってくれた」、B.B.クィーンズ時代のメンバー仲間だった近藤房之助との「Good-by morning」のソロヴァージョンを含む全10曲のアルバム。半数は宇徳による作曲。
  • オリコン初登場1位を記録し、初動16万枚を突破、累積40万枚を突破し、宇徳敬子の作品で最もヒットした作品である。
  • 宇徳敬子のシングル・アルバムを通じて唯一のオリコン首位獲得作品である。
  • 当初はタイトル「蒼い時刻」でリリースする予定であった。

収録曲[編集]

  1. 夏の日の恋
  2. きれいだと言ってくれた
    アルバム発売時に、ビデオクリップが制作され、シンセサイザーを弾きながら歌う様子が収録されている。
  3. まぶしい人
    アルバム発売時に新たにビデオクリップが制作され、レコーディングスタジオで曲を歌う様子をアップで収録したものがアルバムの全曲紹介映像として使用されている。
  4. どこまでもずっと
  5. 蒼い時刻(とき)
    ビデオクリップが制作されており、紺色のバックで赤いタートルネックのセーターを着た宇徳が歌う様子が収録されている。
  6. 愛さずにはいられない
  7. FARAWAY
  8. 坂道
  9. Good-by morning
    アルバム発売時に、新たに宇徳のみが歌う様子が撮影されたビデオクリップが制作され、全曲紹介映像で使用された。
  10. あなたの夢の中 そっと忍び込みたい
作詞:宇徳敬子(1,3~8,10)、川島だりあ(2)、庄野真代(9)
作曲:宇徳敬子(1,4,5,7,8)、川島だりあ(2)、栗林誠一郎(3)、多々納好夫(6)、中島薫(9)、織田哲郎(10)
編曲:池田大介(1,2,5,6,8)、葉山たけし(3,10)、明石昌夫(4,7)、DN(9)

参加ミュージシャン[編集]