満ち潮の満月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
満ち潮の満月
宇徳敬子シングル
初出アルバム『満月~rhythm~
B面 Kiss
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ZAIN RECORDS
チャート最高順位
宇徳敬子 シングル 年表
光と影のロマン
1997年
満ち潮の満月
(1997年)
風のように自由 〜free as the wind〜
1998年
テンプレートを表示

満ち潮の満月』(みちしおのまんげつ)は、宇徳敬子の10枚目のシングル。CDコードは、ZADL-1073。

概要[編集]

  • 宇徳敬子の10枚目のソロシングル。テレビ朝日系「超次元タイムボンバー」のエンディングテーマに起用された。
  • イントロなどにバイオリンなどのオーケストラをシングル曲で初めて使用した。
  • 今作のビデオクリップは、発売当時に返還直前であった香港で撮影が行われ、宇徳本人が香港の駅で階段を駆け上がったり、電車に入ったりするシーンや、スタジオでの歌唱シーン・オーケストラの演奏の様子が交互に収録されたりするなど、スピード感が重視されていた。
  • ビデオクリップには、ライブハウスの暗闇の中で宇徳本人が曲を歌うシーンがあるバージョンも存在する。主にアルバム「満月~rhythm~」のアルバム紹介映像に使用された。
  • オリコン初登場49位で2週しかランクインできないなど最低記録を更新した。
  • カップリング曲「Kiss」はアルバム「よろこびの花が咲く~True Kiss~」にピアノバージョンが収録された。

収録曲[編集]

  1. 満ち潮の満月
    作詞・作曲:宇徳敬子 編曲:池田大輔
  2. Kiss
    作詞・作曲:宇徳敬子 編曲: 池田大輔
  3. 満ち潮の満月 (Original Karaoke)
  4. Kiss (Original Karaoke)

タイアップ[編集]

  • テレビ朝日系「超次元タイムボンバー」エンディングテーマ