WORD OF THE VOICE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
WORD OF THE VOICE
FLOWシングル
初出アルバム『下記参照
B面 ESCA
Always
WORD OF THE VOICE -PERSONA Opening Mix-
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
FLOW シングル 年表
ありがとう
(2008年)
WORD OF THE VOICE
(2008年)
WORLD END
(2008年)
テンプレートを表示

WORD OF THE VOICE」(ワード・オブ・ザ・ボイス)は、FLOWの楽曲で、メジャー15枚目(通算19枚目)のシングル2008年6月4日キューンレコードから発売。

公式サイトでのキャッチコピーは、『コエノシラセ。6年目のFLOWは、原点回帰から始まる。[2]

前作「ありがとう」から約3ヵ月半ぶりのリリースで、「COLORS」以来となるアニメタイアップ作。また、本作から次作「WORLD END」「SNOW FLAKE 〜記憶の固執〜」と、PVムラカミタツヤが監督を担当しており、3作はストーリーが繋がっている。

収録曲[編集]

  1. WORD OF THE VOICE (3:48)
    作詞:KOHSHI ASAKAWA 作曲:TAKESHI ASAKAWA 編曲:FLOW&ha-j
    • 独立UHF系アニメ『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』後期オープニングテーマ(第14話 - 第26話)。
    • PVではメンバーが傷メイクに挑戦している[3]。また、ラストのサビの部分で、GOT'Sが壁にペンキをぶちまけるシーンがあるが、これは監督からの抜擢によるもの[3]
  2. ESCA (3:18)
    作詞・作曲:TAKESHI ASAKAWA 編曲:FLOW
  3. Always (4:05)
    作詞:KEIGO HAYASHI 作曲:TAKESHI ASAKAWA 編曲:FLOW
  4. WORD OF THE VOICE -Instrumental- (3:47)
  5. WORD OF THE VOICE -PERSONA Opening Mix- (1:34)

初回特典[編集]

初回仕様盤には、スペシャルパッケージ仕様として、以下の特典が付属した。

  1. FLOW/特殊カラー仕様ジャケット
  2. PERSONA -trinity soul- 描き下ろしイラスト・ジャケットステッカー
  3. ペルソナ発動!パラパラ・ステッカー封入(慎、諒、洵、全3種のうち1種封入)
  4. FLOW/RINGTONE OF THE VOICE / シリアル番号封入(FLOWメンバー5人による、電話着信、メール着信、めざましコール)
  5. PERSONA -trinity soul-/RINGTONE OF THE VOICE/シリアル番号封入(慎、洵、めぐみ、拓朗、叶鳴による、電話着信・メール着信・めざましコール)
    • 4と5の特典は、NTTドコモauソフトバンクの着うた対応機種のみのサービスで、2008年6月4日〜7月3日までの期間限定。

収録アルバム[編集]

オリジナル
  • #5』 (#1)
ベスト

脚注[編集]

  1. ^ a b 「WORD OF THE VOICE」FLOWオリコン芸能人事典)2014年1月28日閲覧。
  2. ^ FLOW OFFICIAL SITE - DISCOGRAPHY -公式サイト「WORD OF THE VOICE」のページより。
  3. ^ a b アルバム『#5』の初回限定盤付属DVDのコメンタリーより。
  4. ^ パワフルなロックが炸裂する新曲登場!エキサイトミュージック、2008年6月1日掲載)2013年6月2日閲覧。