フランク・ギャンバレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フランク・ギャンバレ
Frank Gambale in Montréal.jpg
基本情報
出生名 Frank Gambale
生誕 1958年12月22日
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
キャンベラ
学歴 Musicians Institute
ジャンル ジャズ
フュージョン
ロック
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1984年 -
著名使用楽器
Carvin Frank Gambale Signature
ibanez S

フランク・ギャンバレFrank Gambale1958年12月22日 - )はイタリア系オーストラリア人のギタリストである。キャンベラ生まれ。

略歴[編集]

1982年、23歳で米ハリウッドのミュージシャンズ・インスティチュート(GIT)に入学。卒業とともに同校で講師を務めつつ、周辺のジャズクラブなどでも演奏活動を続ける。1986年チック・コリア・エレクトリック・バンドに参加したことで一躍名を挙げる。また、ジェフ・バーリンジャン=リュック・ポンティらとの共演でも知られている。アラン・ホールズワースとの共演盤にも参加している。

彼が有名になったのは彼が発案した奏法であるスピードピッキング(エコノミーピッキング)によるところが大きい。この奏法はアルペジオスケール演奏時に隣接する弦へ移動する際、上への場合はアップ、下への場合はダウンと二つの音を短く切り、それを一回のピッキング動作で行うテクニックである。文章にしてしまうと単純な事に思えてしまうが、本人も語っているとおりこの奏法の難易度は非常に高い。彼がリスペクトされ、この奏法の第一人者とされる所以である。彼のスウィープピッキングのテクニックは、イングヴェイ・マルムスティーンを代表とする近代のネオクラシカルギタリストの追随を許さないほど正確無比なものであり、スウィープピッキングを極めた一人としてギター雑誌などで取り上げられることが多い。

外部リンク[編集]