フランク・ギャンバレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランク・ギャンバレ
Frank Gambale
Frank Gambale in Montréal.jpg
フランク・ギャンバレ(2011年)
基本情報
生誕 1958年12月22日
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
キャンベラ
学歴 Musicians Institute
ジャンル ジャズフュージョンロック
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1984年 -
公式サイト frankgambale.com
著名使用楽器
Carvin Frank Gambale Signature
ibanez S

フランク・ギャンバレFrank Gambale1958年12月22日 - )は、イタリア系オーストラリア人のギタリストである。キャンベラ生まれ。

略歴[編集]

1982年、23歳で米ハリウッドのミュージシャンズ・インスティチュート(GIT)に入学。卒業とともに同校で講師を務めつつ、周辺のジャズクラブなどでも演奏活動を続ける。1986年チック・コリア・エレクトリック・バンドに参加したことで一躍名を挙げる。また、ジェフ・バーリンジャン=リュック・ポンティらとの共演でも知られている。アラン・ホールズワースとの共演盤にも参加している。

彼が有名になったのは彼が発案した奏法であるスピードピッキング(エコノミーピッキング)によるところが大きい。この奏法はアルペジオスケール演奏時に隣接する弦へ移動する際、上への場合はアップ、下への場合はダウンと二つの音を短く切り、それを一回のピッキング動作で行うテクニックである。文章にしてしまうと単純な事に思えてしまうが、本人も語っているとおりこの奏法の難易度は非常に高い。彼がリスペクトされ、この奏法の第一人者とされる所以である。彼のスウィープピッキングのテクニックは、イングヴェイ・マルムスティーンを代表とする近代のネオクラシカルギタリストの追随を許さないほど正確無比なものであり、スウィープピッキングを極めた一人としてギター雑誌などで取り上げられることが多い。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『ブレイヴ・ニュー・ギター』 - Brave New Guitar (1985年)
  • 『ア・プレゼント・フォー・ザ・フューチャー』 - A Present for the Future (1987年)
  • 『ライブ!』 - Live! (1989年)
  • 『サンダー・フロム・ダウン・アンダー』 - Thunder from Down Under (1990年)
  • 『ノート・ワーカー』 - Note Worker (1991年)
  • 『ギター・サンダーワールド』 - The Great Explorers (1993年)
  • 『パッセージ』 - Passages (1994年)
  • 『シンキング・アウト・ラウド』 - Thinking Out Loud (1995年)
  • 『FAVORED NATIONS - カミング・トゥ・ユア・センシーズ』 - Coming to Your Senses (2000年)
  • Resident Alien - Live Bootlegs (2001年)
  • Absolutely Live - in Poland (2002年)
  • Raison D'être (2004年)
  • Natural High (2006年)
  • Made in Australia (2007年) ※with ヴァージル・ドナティ、リック・フィエラブラッチ
  • Natural Selection (2010年)
  • Soulmine (2012年) ※featuring Boca

参加バンド・アーティスト・アルバム[編集]

マウリツィオ・コロンナ

  • Imagery Suite (2000年) ※別タイトル『Playgame
  • Live (2005年)
  • Bon Voyage (2007年)

チック・コリア・エレクトリック・バンド

  • 『ライト・イヤーズ』 - Light Years (1987年)
  • 『アイ・オブ・ザ・ビホルダー』 - Eye of the Beholder (1988年)
  • 『インサイド・アウト』 - Inside Out (1990年)
  • 『ビニース・ザ・マスク』 - Beneath the Mask (1991年)
  • 『グレイト・アーティスツ・ミート・ウェスト・サイド・ストーリー』 - The Songs of West Side Story (1996年) ※オムニバス。Steve Vai's Monsters & Chick Corea's Elektric Band名義で参加
  • 『トゥ・ザ・スターズ』 - To the Stars (2004年)
  • 『ライヴ・アット・モントルー2004』 - Chick Corea Elektric Band – Live at Montreux (2004年) ※DVD

GHS

  • Show Me What You Can Do (1998年)
  • The Light Beyond (2000年)
  • 『GHS 3』 - GHS 3 (2002年)

マーク・バーニー・プロジェクト

ヴァイタル・インフォメーション

  • Fiafiaga (1988年)
  • Vital Live (1991年)
  • Easier Done Than Said (1992年)
  • Ray of Hope (1996年)
  • Where We Come From (1998年)
  • Live Around the World (2000年)
  • Live from Mars (2000年)
  • Show 'em Where You Live (2002年)
  • Come on In (2004年)

外部リンク[編集]