2nd

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2nd
CHAGEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル POP/ROCK
時間
レーベル 東芝EMI(1998年)
ヤマハミュージックコミュニケーションズ(2001年盤)
プロデュース CHAGE・GO YAMAZATO
チャート最高順位
  • 週間15位オリコン
  • 登場回数2回(オリコン)
CHAGE 年表
CHAGE BEST SONGS/PROLOGUE
(1998年)
2nd
(1998年)
アイシテル
2008年
テンプレートを表示

2nd』(セカンド)はCHAGEオリジナル・アルバム1998年10月21日に発売された。

解説[編集]

CHAGE&ASKAとしてデビュー19年目を経過したCHAGEが、ソロ名義で発売する初めてのオリジナル・アルバムである。

タイトルの『2nd』とは、「今までのCHAGEが第一章だとしたらこれからのCHAGEは第二章」という意味を込めて名付けられた。

このアルバムを引っ提げて、コンサートツアー『CHAGE CONCERT TOUR Feeling Place』を開催した。

収録曲[編集]

※コメントは、『2nd』 Discography | Official Web Site 各曲の項目を参照

  1. PATIENCE
    (作曲:CHAGE 編曲:クサクサーズ)
    インストゥルメンタル。他の曲のプリプロダクション最中に出来た曲。
    水滴やハサミの音などが入っていて、みんなで面白がって作ったという。
  2. トウキョータワー
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:十川知司
    1998年9月30日に発売されたCHAGE名義として初のシングル曲。NEC 企業CMソング。テレビ東京系『愛の貧乏脱出大作戦』エンディングテーマ。
    タイトルは電波塔の東京タワーとしての意味だけではなく、人の気持ちや人の生き方、あるいは「心の目」などの象徴を『トウキョータワー』で表している。例えば、東京タワーに登って高い所から景色を見るように、物事を見渡して痛いことも辛いことも抱えながら日々を送ろう、というようなメッセージがある。
    シングル収録時とは異なるアルバム・バージョンとなっている。
  3. GIVE&TAKE
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:クサクサーズ)
    映画『スティング』や『フレンチ・コネクション』、『あぶない刑事』などのような "男ふたりのドラマ" を書きたくて制作した曲。
  4. [7]
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:西川進
    1998年6月22日に日本武道館で行われたCHAGEのソロ・コンサート『CHAGE "大いに唄う" in 武道館』のために作った曲。
    コンサート時とは、歌詞や歌い方を変えてレコーディングした。
  5. TRANCE⇔ENTRANCE
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:田辺恵二
    幻想感・恍惚感のある曲を書いてみたという。
    CHAGEは、「メロディーラインがすごく自分っぽいって思える曲」だとしている。
  6. UNDO
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:宮内和之
    1998年9月30日に発売されたシングル「トウキョータワー」のカップリング曲日本テレビ系『U・S改』CART中継イメージソング。
    タイトルの「UNDO」とは、コンピューター用語で直前にユーザーが行った操作を取り消し、元に戻すことを指している。
    アレンジをICEの宮内和之が手掛けている。
  7. MR.LIVERPOOL
    (作詞:CHAGE 作曲:村上啓介 編曲:宇佐元恭一
    MULTI MAXが1996年に発売したアルバム『Oki doki!』収録曲のセルフカバー
  8. U・P・K・
    (作詞:CHAGE 作曲:八熊慎一 編曲:SPARKS GO GO
    タイトルは、カメラを向けられるとついピースをしてしまうという「うっかりピース君」を略したもの。
    SPARKS GO GOとの作業は、CHAGEのレコーディング最短記録を更新する3時間でOKテイクとなった。
  9. 12色のクレヨン
    (作詞:伊藤緑 作曲:CHAGE 編曲:田辺恵二)
    詞が先にあって、それに曲をのせる作業を行なった。
    CHAGEは歌の世界にフォークを感じて、思わず自分のアマチュア時代を思い出したという。
  10. 僕が見つけた気持ちのいい場所
    (作詞・作曲:CHAGE・宇佐元恭一 編曲:十川知司)
    曲の終了後、2分間の無音部分を挟んでシークレット・トラックが存在し、1992年にCHAGE&ASKAとして発表した曲「CRIMSON」のソロ・バージョンが収録されている。

ミュージシャン[編集]

PATIENCE

トウキョータワー

GIVE&TAKE

  • guitars, keyboards, acoustic piano:木村紡司
  • synth. operation, tambourine:小笠原学
  • chorus:中野創、三浦健介、木村紡司

[7]

TRANCE⇔ENTRANCE

  • synth. operation:田辺恵二
  • guitar:YAMACHI (from jav jav)
  • bass:MACHIDA (from THE BIG BAND!!)
  • trumpet:水江 “ヨーカン” 洋一郎
  • chorus:朝日香織

UNDO

MR.LIVERPOOL

  • keyboards, chorus:宇佐元恭一
  • guitar:木村紡司
  • synth. operator:小笠原学
  • chorus:むぎふみコーラス隊

U・P・K・

  • guitar:橘厚也 (from SPARKS GO GO)
  • bass:八熊慎一 (from SPARKS GO GO)
  • drums:橘哲也 (from SPARKS GO GO)

12色のクレヨン

  • synth. operation:田辺恵二
  • guitar:YAMACHI (from jav jav)
  • bass:石川具幸
  • drums:杉野寿之

僕が見つけた気持ちのいい場所

  • keyboards:十川知司
  • guitar:阿久津隆一
  • bass:上田ケンジ
  • drums:吉田匡
  • synth. operation:山岡広司
  • strings:後藤勇一郎カルテット
  • mandolin, banjo渡辺等