瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアム
Олимпийский стадион Шэньян2.JPG
施設情報
所在地 中華人民共和国の旗遼寧省瀋陽市渾南区渾南中路30号
位置 北緯39度4分24.4秒
東経117度10分9.8秒
起工 2006年4月
開場 2007年6月
所有者 瀋陽市人民政府
運用者 瀋陽市体育局
グラウンド 天然芝
建設費 約19億7,000万元
設計者 佐藤総合計画
使用チーム、大会
瀋陽宏運足球倶楽部
収容能力
60,000人

瀋陽オリンピック・スポーツセンター・スタジアム(シェンヤン-中国語:沈阳奥林匹克体育中心体育场)は、中国遼寧省瀋陽にある6万人収容できる競技場。2008年北京オリンピックサッカー競技(グループリーグ)で使用された。また表記として瀋陽オリンピックスタジアム、瀋陽五輪スタジアム、瀋陽オリンピック体育中心、瀋陽五輪体育場、瀋陽奥体中心ともかかれる。

施設概要[編集]

スタジアムは60000人収容の陸上競技場。外観は乳白色でメインとバックにオリーブ型の採光性の大屋根が3枚ずつあり、楕円形の外観は水晶の王冠のように見える。

スポーツセンター全体は敷地面積43万平方メートル。総合体育館(1万人収容)、水泳場(4000人収容)、テニス場(4000人収容)などがある。総建物面積は26万平方メートル。周囲は体育センターを中心とした大型複合ショッピングモールや映画館、ホテル、高層ビルなどの建設の予定がある。前身は五里河体育場

沿革[編集]

  • 2006年初め瀋陽市政府が、2008年の北京五輪にむけた新スタジアムの建設を決定
  • 2006年2月瀋陽五里河体育場を爆破解体
  • 2006年4月着工
  • 2007年6月竣工

主な大会・イベント[編集]

  • こけら落としがオリンピック・プレ大会として2007年7月に中国・イタリア・メキシコ・タイで、オリンピックサッカー女子代表による4カ国対抗戦が行われた。
  • オリンピック・プレ大会として2007年8月に日本・中国・北朝鮮・ボツワナでオリンピックサッカー代表による4カ国対抗戦が行われた。
  • 2008年の北京オリンピックで、サッカーのグループリーグが行われた。
  • 2016年9月6日、2018 FIFAワールドカップ・アジア3次予選サッカー中国代表戦が行われた。

所在地・アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]