バレーボールキューバ男子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールキューバ男子代表
国または地域 キューバの旗 キューバ
大陸連盟 北中米バレーボール連盟
協会 キューババレーボール連盟
監督 キューバの旗 Orlando Samuels
国名コード CUB (Cuba)
FIVBランキング 6位(2012年8月13日版)
オリンピック
出場回数 6回
初出場 1972 ミュンヘン
最高成績 3位銅メダル(1976)
世界選手権
出場回数 13回
初出場 1956 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1990、2010)
ワールドカップ
出場回数 8回
初出場 1969 ワールドカップ
最高成績 1位優勝(1989)
北中米選手権
出場回数 22回
最高成績 1位優勝(1969、1971、1975、1977、1979、1981、1987、1989、1991、1993、1995、1997、2001、2009、2011)
テンプレートを表示

バレーボールキューバ男子代表(バレーボールキューバ だんしだいひょう)は、バレーボールの国際大会で編成されるキューバの男子バレーボールナショナルチームである。

歴史[編集]

1955年国際バレーボール連盟へ加盟[1]。第1回大会の1969年北中米選手権を制し、大陸選手権最多優勝14回を誇るキューバは北中米カリブを代表する強豪国である。1970年代に1976年モントリオールオリンピック1978年世界選手権でそれぞれ銅メダルを獲得し、1980年代に世界の第一線へ躍り出ると、1989年ワールドカップで頂点に輝いた。1990年代には驚異的な高い身体能力を持つ代表選手の活躍により、世界選手権とワールドカップでそれぞれ2つのメダルを獲得し、ワールドリーグで7度表彰台に立った。

しかし、2000年シドニーオリンピック以降、世代交代が図られると成績は低迷し、徐々に国際大会で活躍の場を失う。2008年8月付のFIVBランキングでは20位まで落ち込んだが、翌2009年ワールドリーグで15歳(当時)の代表選手をはじめとする若手が健闘し、ランキングを13位へ引き戻す。同年北中米選手権では4大会ぶりの優勝を飾った。翌年の2010年バレーボール男子世界選手権では銀メダルを獲得した。しかしその後の成績は冴えずロンドン五輪世界最終予選で開催国ドイツにフルセットで敗れ12年ぶりの出場はならなかった。

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

世界選手権の成績[編集]

ワールドカップの成績[編集]

北中米選手権の成績[編集]

ワールドリーグの成績[編集]

歴代代表選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Norceca Volleyball Confederation (NORCECA)”. FIVB. 2010年7月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]