国民文化祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国民文化祭(こくみんぶんかさい)とは全国から集結し、演劇吹奏楽美術作品などを発表する文化の祭典である。国文祭と略され、「文化の国体」といわれている。

1977年から始まった全国高等学校総合文化祭に対抗し、一般の団体でも全国規模で参加する文化祭をしようと当時の文化庁長官作家三浦朱門が提唱し文化庁東京都の共催で1986年NHKホールで第1回大会が行われた。以降、毎年各県持ち回りで開催されている。しかし近年は開催地選定が難航することから多く、2016年から文化庁と開催都道府県は開催費用を削減する案が挙がっている。

主な行事[編集]

総合フェスティバル[編集]

開会式・オープニングフェスティバルは大規模アリーナ、もしくはホールで開催され、原則として皇太子・皇太子妃夫妻が出席するが、近年は皇太子妃が地方公務そのものについて毎回慎重に判断されているため、皇太子単独で出席のケースが多い。開会式は開催地のNHKで生中継され、後日全国放送で45分程度の編集版が放送される。

閉会式・フィナーレは国文祭の締めくくりとして、ミュージカルや式典が行われ、国文祭旗の引継も行われる。

その他[編集]

  • 能楽の祭典
  • 合唱の祭典
  • 吹奏楽の祭典
  • マーチングバンド・バトントワーリングの祭典
  • オーケストラの祭典
  • 大正琴の祭典
  • 小倉百人一首かるた競技全国大会
  • メディア芸術祭
  • 現代劇の祭典
  • オペラの祭典
  • 洋舞フェスティバル
  • ダンススポーツフェスティバル
  • シンポジウム
  • 国際交流フェスティバル
  • 少年少女合唱の祭典
  • 郷土芸能の祭典
  • 邦楽の祭典(全国吟詠剣詩舞道祭)
  • 和太鼓の祭典
  • 少年和太鼓の響演
  • 現代詩の祭典
  • 食の祭典

開催地[編集]

開催期間 開催地 主要会場
1 1986年11月22日 - 12月1日 東京都 NHKホール
2 1987年10月6日 - 11日 熊本県 熊本県立劇場
3 1988年10月29日 - 11月3日 兵庫県 神戸文化ホール
4 1989年11月2日 - 12日 埼玉県 埼玉会館
5 1990年10月19日 - 28日 愛媛県 愛媛県県民文化会館
6 1991年11月16日 - 25日 千葉県 千葉県文化会館
7 1992年10月25日 - 11月1日 石川県 金沢市観光会館
8 1993年10月10日 - 14日 岩手県 岩手県民会館
9 1994年10月22日 - 30日 三重県 三重県総合文化センター
10 1995年10月27日 - 11月5日 栃木県 栃木県総合文化センター
11 1996年9月28日 - 10月23日 富山県 富山県民会館
12 1997年10月25日 - 11月3日 香川県 香川県県民ホール
13 1998年10月18日 - 25日 大分県 大分県立総合文化センター
14 1999年10月24日 - 31日 岐阜県 岐阜メモリアルセンター・で愛ドーム
15 2000年11月3日 - 12日 広島県 広島県立総合体育館
16 2001年11月3日 - 11日 群馬県 群馬県庁舎
群馬県民会館
17 2002年10月12日 - 11月4日 鳥取県 米子コンベンションセンター
18 2003年10月4日 - 13日 山形県 山形市総合スポーツセンター
19 2004年10月30日 - 11月14日 福岡県 マリンメッセ福岡
20 2005年10月22日 - 11月3日 福井県 サンドーム福井
21 2006年11月3日 - 12日 山口県 きらら元気ドーム
22 2007年10月27日 - 11月4日 徳島県 アスティとくしま
23 2008年11月1日 - 9日 茨城県 茨城県立県民文化センター
24 2009年10月24日 - 11月8日 静岡県 エコパアリーナ
25 2010年10月30日 - 11月7日 岡山県 桃太郎アリーナ
26 2011年10月29日 - 11月6日 京都府[1] 国立京都国際会館
27 2012年9月1日 - 12月14日 徳島県 (2)[2] アスティとくしま
28 2013年1月12日 - 11月10日 山梨県[3] 河口湖ステラシアター
山梨県立県民文化ホール
29 2014年10月4日 - 11月3日 秋田県[4] 秋田県立武道館
30 2015年10月31日 - 11月15日 鹿児島県[5] 鹿児島アリーナ
31 2016年10月29日 - 12月3日 愛知県 愛知県芸術劇場
32 2017年 奈良県[6] なら100年会館
33 2018年 大分県 (2) 未定

内定が発表された今後の開催地を含む。

脚注[編集]

  1. ^ 第26回国民文化祭・京都2011/京都府ホームページ”. 京都府. 2015年1月30日閲覧。
  2. ^ 「『おどる国文祭』5周年記念事業・とくしま2012」の開催について 徳島県
  3. ^ 富士の国やまなし国文祭
  4. ^ 国民文化祭・あきた2014
  5. ^ 第30回国民文化祭かごしま2015 ひっとべ!かごしま国文祭~鹿児島~
  6. ^ 平成29年度(第32回)国民文化祭の開催地内定について (PDF)”. 文化庁 (2015年1月28日). 2015年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]