俗字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

俗字(ぞくじ)とは、世間で通用するが正格ではない字体文字である。

  • 手書きなどで用いられることがあるが正式な文書では用いられない漢字。第の草体(=)や中の人四つが書かれない傘(=)や図書館を表す囗+トなどをいう。略字の項目も参照。
  • 正統とされている文字(正字・本字)に対する異体字。漢和字典などで用いられる。
口にト