ダフィー・ダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダフィー・ダックDaffy Duck)とは、ワーナー・ブラザース制作のアニメーションルーニー・テューンズ』のキャラクターである。

概説[編集]

このダフィー・ダックは、ルーニー・テューンズ初期から登場しており、ルーニー・テューンズが終了する前年の1968年まで出演し続けた。初期は今とは目も大きくかなりデザインが違っていた。主にポーキー・ピッグ、バッグス・バニーと共演しており、主演作に「ダック・ドジャース」がある。

  • 喋る時の破裂音が特徴的で、口癖は、「お前ってサイテー!(You're despicable!)」である。(旧版では「こういうのってありなのかよ」である)。語尾が妙な丁寧語になることが多い。
  • 性格は、初期と現在とでは全然違う。初期の性格は、とにかく明るく、お調子者で、観客の笑いを誘う役だった。その例として『可愛さ余って憎さ百倍(原題:My Favorite Duck、1942年)』では、共演していたポーキーに「イカれたカモ」、「完全にイカれてる」と言われるほど(しかしその直後にダフィーは「それは感じ方の違いって奴だ」と言っている為、ダフィーは自分がお調子者だということに気づいてないらしい)である。初期のダフィーは、笑い方が特徴で自分が相手を打ち負かした後などに奇声を上げて喜んでいた。しかし、『標的は誰だ(原題:Rabbit Fire、1951年)』からダフィーの性格を一新し、現在の虚栄心が強く、自己中心的な性格で、バッグスをスターの座から落としいれようとする性格に変わった。また、バッグスのことは自分よりも人気が下だと思っており、ショーの看板でバッグスの名前が先に出ていると、「あのウサギ(バッグス)の名前が先だと!?主役は俺だ‼」と言い、ショーの責任者に抗議する事もある。そしてショーの責任者に「あいつ(バッグス)はシロップ漬けにしてもハエ1匹寄り付かない(それだけ人気がないという例え)。」と言い張る程である。
  • ちなみにアヒルとよく勘違いされているが、彼は黒ガモである(一部のバージョンではアヒル)。

ロジャー・ラビット」ではドナルド・ダックとの共演を果たした。

声優[編集]

ダフィーの吹き替えは、内海賢二が初代で、「バッグス・バニーのぶっちぎりショー」では江原正士が担当。現在の、「バッグス・バニー・ショー」などでは、高木渉、「ベビー・ルーニー・テューンズ」では山岸功が担当している。また、アンティーク・アニメコレクションでは公式吹き替えでバッグスバニー役の山口勝平が担当している

出演作品[編集]

  • ポーキーのアヒル狩り Porky's Duck Hunt 1937年
  • ダフィとエッグヘッド Daffy Duck and Egghead 1938年
  • ポーキーのあひる大戦争 What Prince Porky 1938年
  • おれ様はボクサー Porky and Daffy 1938年
  • ダフィーのインターン The Daffy Doc. 1938年
  • ダフィ、ハリウッドに行く Daffy Duck in Hollywood 1938年
  • ダフィと恐竜 Daffy Duck and the Dinosaur 1939年
  • ダフィーの砦を守れ Scalp Trouble 1939年
  • ズルがしこいアヒル Wise Quacks 1939年
  • アニメキャラはつらいよ You Ought to Be in Pictures 1940年
  • ダフィーの迷惑マジック The Henpecked Duck 1941年
  • 可愛さ余って憎さ百倍 My Favorite Duck 1942年
  • 避けるか避けまいか To Duck or Not to Duck 1943年
  • ヤンキー・ドゥードゥル・ダフィー Yankee Doodle Daffy 1943年
  • ダフィーのコマンド Daffy the Commando 1943年
  • ダフィーのスクラップ Scrap Happy Daffy 1943年
  • 名曲の喧しい夕べ A Corny Concert 1943年
  • ダフィー対ハタ・マリ Plane Daffy 1944年
  • ダフィーの召集令状 Draftee Daffy 1945年
  • 本屋は大騒動 Book Revue 1946年
  • 赤ちゃん配達便 Baby Bottleneck 1946年
  • ダフィの落書天国 Daffy Doodles 1946年
  • ダフィー、ハリウッドに行く Hollywood Daffy 1946年
  • ダフィの銀行強盗 The Great Piggy Bank Rebbery 1946年
  • ホテルは大騒ぎ A Pest in the House 1947年
  • 愉快なメキシコ旅行 Mexican Joyride 1947年
  • 狩猟絶対反対 What Makes Daffy Duck 1948年
  • ベビーシッター落第 The Up - Standing Sitter 1948年
  • ステューパー・セールスマン The Stupor Salesman 1948年
  • 家なしダッフィ Riff Raffy Daffy 1948年
  • 苦肉のダック肉 Holiday For Drumsticks 1949年
  • スカーレット・パンパニケル The Scarlet Pumpernickel 1950年
  • 命がけのクイズ・ショー The Ducksters 1950年
  • 標的は誰だ Rabbit Fire 1951年
  • 保安官ドリッパロング・ダフィー Drip-Along Daffy 1951年
  • やっかいなもらい物 The Prize Pest 1951年
  • 綿をつめた渡り鳥 Cracked Quack 1952年
  • 私立探偵ダック・ドレイク The Super Snooper 1952年
  • しょうがない傷害保険 Fool Coverage 1952年
  • カモにされたカモ Duck Amuck 1953年 (バッグスがカメオ出演)
  • ムキムキバトル Muscle Tussle 1953年
  • ダフィー・ウォーズ Duck Dodgers in the24 ½th Century 1953年
  • 何のシーズン? Duck! Rabbit,Duck! 1953年
  • 究極の未来型ホーム Design for Leaving 1954年
  • コウノトリを撃退せよ Stork Naked 1955年
  • ハチャメチャ激安ホテル Dime to Retire 1955年
  • カモはどっちだ The High and the Flighty 1956年
  • 宇宙刑事ポーキー&ダフィー Rocked Squad 1956年
  • ステューパー・ダック Stupor Duck 1956年
  • スターはつらいよ A Star Is Bored 1956年
  • ドアロック・ホームズの冒険 Deduce, You Say 1956年
  • ボストン・クワッキー Boston Quackie 1957年
  • ダック対デビル Ducking the Devil 1957年
  • ショービズはキビシ Show Biz Bugs 1957年
  • ダフィーはロビンフッド Robin Hood Daffy 1958年
  • 赤ちゃんにご用心 Apes of Wrath 1959年
  • インタビュー・ウィズ・バッグスバニー Person to Bunny 1960年
  • 恐怖の雪男 The Abominable Snow Rabbit 1961年
  • ホテル・トラブル Daffy's inn Trouble 1961年
  • 早とちりの百万 The Million Hare 1963年
  • 取れぬウサギの皮算用 The Iceman Ducketh 1964年
  • 戦場にこけるダフィー Assault and Peppered 1965年

この他の作品は「ルーニー・テューンズとメリー・メロディーズの短編映画」を参照

映画[編集]

DVD[編集]

ダフィーのみのDVDを記述する。

  • アンティーク・アニメコレクション「ダフィー・ダック」

関連項目[編集]