この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

キャロットブランカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャロットブランカ
Carrotblanca
監督 ダグラス・マッカーシー
スパイク・ブランド
脚本 ティモシー・ケーヒル
ジュリー·マクナリー
出演者 グレッグ・バーソン
配給 ワーナー・ブラザース
ヴァイタフォン
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年8月25日
上映時間 8分05秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 キネマ・パニック
次作 宝の箱でお払い箱
テンプレートを表示

キャロットブランカ』(Carrotblanca))は、アメリカ映画会社ワーナー・ブラザースの短編アニメシリーズである。ルーニー・テューンズ作品。1995年8月25日公開。名作カサブランカパロディとされている。

あらすじ

舞台は19世紀中頃のアメリカ。大勢の客で賑わうカフェに現れたカナリヤ(トゥイーティー)は、マスターのバッグスに「アメリカの国民生活を向上させる人物への文書を預かってほしい」と頼む。それがドイツ軍科学者から盗まれた機密文書だと悟ったバッグスは依頼を断るものの、その人物が美人と一緒だと聞くと仕事を引き受ける。その後バッグスはカフェに現れた「地獄の将軍」(ヨセミテ・サム)というドイツ軍の軍曹の尋問も軽く受け流し、機密文書を託すべき人物であるシルベスターも確認するが その人物が連れていた美人とは、バッグスのかつての恋人で交際中に突然姿を消したキティ(ペネロッピー)だった。

その夜、閉店したばかりのカフェにキティがやって来た。夫であるシルベスターが機密文章を盗んだ容疑で警察に逮捕されたので、助けてほしいとバッグスに頼み込む。バッグスは最初は断るが、キティの涙を見て頼みを引き受けることになり、シルベスターを尋問していた地獄の将軍をバッグスの機転で牢獄に閉じ込めることに成功し、シルベスターは無事に助け出された。

その後、飛行機でバッグスに再び別れを告げるが、機内でペペの一方的なアプローチを受け、そのドサクサに紛れてキティは飛行機から落ちた。しかし、それを受け止めたのはバッグスだった。そんなキティにバッグスはこう言った。「君の瞳に乾杯」と。

キャスト

キャラクター 原語版 新吹き替え版
バッグス・バニー グレッグ・バーソン 山口勝平
警察署長(ペペ・ル・ピュー) 中村秀利
地獄の将軍(ヨセミテ・サム) モーリス・ラマーシュ 郷里大輔
シルベスター妻キティ(ペネロッピー) トレス・マクニール 土井美加
シルベスター・キャット ジョー・アラスキー 江原正士
サンディ(ダフィー・ダック) 高木渉
トゥイーティー ボブ・バーゲン こおろぎさとみ
ナレーション - 梅津秀行

関連項目