鳥中毒撲滅協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鳥中毒撲滅協会
Birds Anonymous
監督 フリッツ・フレレング
脚本 ウォーレン・フォスター
製作 エディ・セルツァー
出演者 メル・ブランク
音楽 ミルト・フランクリン
配給 ワーナー・ブラザース
ヴァイタフォン
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年8月10日
上映時間 6分56秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 オペラ座の狩人
次作 ダック対デビル
テンプレートを表示

鳥中毒撲滅協会』(原題:Birds Anonymous1957年8月10日)は、アメリカ映画会社ワーナー・ブラザースの短編アニメシリーズ。メリー・メロディーズ作品。1957年度アカデミー賞短編アニメ部門受賞作品。

あらすじ[編集]

猫のシルベスターは誰にも見つからないように家のカーテンブラインドを閉めてトゥイーティーをこっそり食べようとすると、ある猫に引き止められる。その猫はトゥイーティーをカゴに戻すようシルベスターに言いかけ、おもむろに話す。「事故を破滅へと導くだけですから。1羽だけと手を染めれば知らぬ間に2羽、3羽とのめりこんでしまうのです。そうなれば被害者はあなたの方になります。」とシルベスターに名刺を渡す。それには鳥中毒撲滅協会と書かれていた。

早速シルベスターはその集会の本部へと行き、集まっていた猫の克服体験を聞いて自分も心がけるようになった。ところが家に戻ってテレビラジオをつけるもどれも鳥の内容ばかり。ついには我を忘れて食べようとすればその猫に引き止められ、ついに辛抱できなくなってしまい泣き伏せる。それを見た猫は、「猫だって鳥と仲良くなれる」とトゥイーティーを手に乗せキスをすると、態度が一変しいきなりトゥイーティーを食べようとしたので、シルベスターはそれを止めようとした。これにはさすがのトゥイーティーも「悪い猫たんはいつだって悪い猫たんなの」と呆れていた。

登場キャラクター[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

  • この作品はトゥイーティーがアカデミーを受賞した作品としては2度目で、1947年の「部屋の中で大バトル英語版」より10年振りとなる。因みにこの作品にはシルベスターも登場していた。
  • また、シルベスターは第28回受賞作品の『チーズはいただき』にも登場しているため、ルーニー・テューンズのキャラとしては最多の受賞キャラクターでもある。

関連項目[編集]