パーティ荒し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーティ荒し
The Two Mouseketeers
監督 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
脚本 ウィリアム・ハンナ
ジョセフ・バーベラ
製作 エド・バージ
ケネス・ミューズ
アーヴ・スペンス
製作総指揮 フレッド・クインビー
音楽 スコット・ブラッドリー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年3月15日
上映時間 7分21秒
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語フランス語
前作 en: Gerald McBoing-Boing 1950年度
次作 ワルツの王様 1952年度
テンプレートを表示

パーティー荒らし』(The Two Mouseketeers1952年3月15日、劇場公開時『鼠の二銃士』)はトムとジェリーの作品のひとつ。1951年アカデミー短編アニメ賞受賞作。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

場所は王朝時代のフランスを思わせる街中。銃士の扮装をしたジェリーとニブルスが歩いていると、主人から厳しく指示されているトムの姿を見かける。

「これからここでパーティーが行われる。お前の任務は、この会場をネズミ銃士どもから守ることだ。もしパーティー会場を台無しにしたら、お前の首を刎ねる!」

窓の外には、ギロチンが高々と掲げられていた。

一方、ご馳走の存在を知ったジェリーたちは大喜び。会場に忍び込むや、豚の丸焼きや骨付きハムが麗々しく並べられたテーブルに取り付いた。これをトムが見逃すはずがなく、こうしてトムVSジェリー&ニブルスのドタバタが始まった。

料理を盗み食いしながらの大乱闘の末、トムはジェリーを捕えて勝利かと思われる。しかしその矢先、ワイングラスに落ちて酔いつぶれたニブルスが、大砲にありったけの料理をぶちこみ、トムめがけて発射。

かくて好みの食料を土産に持ち、意気揚々とパーティー会場を去るジェリーとニブルス。だが彼等がふと振り返ると・・・

時すでに遅し。トムを処刑するギロチンが高々と掲げ挙げられ、遂に振り下ろされてしまった・・・。

ジェリーとニブルスはトムを偲んだが、「仕方ないね」[1]と開き直り、また肩で風を切って何処へとも無く去って行った。

備考[編集]

  • 原題の『The Two Mouseketeers』は、三銃士(The Three Musketeers)をパロディ化したものである。
  • この作品のニブルスは、フランス語またはフランス語なまりの英語で話している。

脚注[編集]

  1. ^ 原文では「C'est la guerre.(これが戦争さ)」となっており、旧地上波版では「この辺で終わりにしようよ、さあ行こう。前へ進め!」となっている。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]