腹ぺこブッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

腹ぺこブッチ』(Baby Butch、1954年8月14日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

トムの悪友・野良猫ブッチは今日もゴミ箱から食料(イワシの缶詰や飲みかけのジュースなど)を漁っていた。そんな彼がふとトムの家の中をのぞくと、冷蔵庫の中は卵に骨付きハム、ミルクなどがギッシリ。失敬してやろうと考えたブッチは、股にオムツを巻き、壊れたベビーベッドに横たわると「かわいそうな捨て子」を装ってトムの家に上がりこむ。

優しいトムは早速ミルク入りの哺乳瓶を、ブッチの口にくわえさせる。ブッチはトムがいなくなった隙に骨付きハムを盗もうとするが、その内にジェリーがブッチの隠した骨付きハムを見つけてしまい、ハムを巡ったトム・ジェリー・ブッチの三つ巴が繰り広げられる。こうしたうちに、冷蔵庫から骨付きハムなどを盗み出したブッチは、乳母車に乗って逃走を図った。しかし、ジェリーの妨害によってそのまま家から追い出されてしまった。その後、仲直りしたトムとジェリーは二匹で仲良くハムをわけて食べようとしていた。すると、そこへ再びブッチが現れた。仕方なしにトムとジェリーはブッチにもハムをわけることに。ブッチは小さく切った方を食べるように見せかけて、ハムの本体の方にかぶりついた。止めようとするトムとジェリーを阻止しながら、ハムを独り占めするブッチだった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

関連項目[編集]