楽しい浜べ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楽しい浜べ』(たのしいはまべ、: Mustle Beach Tom)は、シネマスコープで公開されたトムとジェリーの作品のひとつ。1956年9月7日の劇場公開時は「鉄腕トム」というタイトルだった。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

ここはマッスルビーチという浜辺。ここでは猫たちが筋肉を鍛えていた。一方トムは雌猫とバカンスを楽しんでいた。そこにはジェリーもいて、日光浴をして昼寝をしていたが、トムにパラソルで潰されるわ、トマトを投げられるわでいい迷惑をしていた。怒ったジェリーはトムをバナナの皮で叩く。

しかし、ビーチボールの空気を吸われ、そのままどこかにいってしまった。トムは満足をして、雌猫を見たのだが何故かいない。雌猫は、ブッチの虜となっていた。怒りを買ったトムはブッチを妨害するが、自分がやられてしまう。こうして雌猫を巡りドタバタが始まるが、ブッチのいいようにされてしまう。そこで、トムは風船を筋肉に見てたてようとするが、風船では軽すぎたので、浮かび上がってしまう。そこで、を結びつけたロープで縛って浮遊を防いだ。一方、ブッチは雌猫にアプローチしていた。するとそこへ、トムが現れて力比べをしようとするが、トムの風船筋肉ではブッチの本当の筋肉にはかなわなかった。そこでトムは、「火事場の馬鹿力」ならぬ「砂場の馬鹿力」を繰り出し、結びつけた碇を振り回すと、ブッチはダウンして、そのまま砂の中へ埋まってしまった。

トムの風船筋肉の虜になった雌猫。そこで、ジェリーがセロリをかじっていたので、うるさがったトムはジェリーを殴る。ジェリーも仕返ししようと、鎖を結びつけたロープをほどくと、トムは浮かび上がってしまう。トムはパラソルにつかまって、浮遊から逃れるも、今度はトムの体が膨らんでしまう。なんと、ジェリーがトムの入れていた風船に空気を入れていたのだ。トムはどんどん膨らんでいき、最後はジェリーに穴をあけられ、そのまま空の彼方へ飛び去ってしまう。

結局、ジェリーと雌猫の二人っきりになる。ジェリーは雌猫にトマトで作ったバーベルで筋肉を披露するが、トマトの重さに耐えきれず、倒れてしまいそのまま挟まれてしまう。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系列などで1964年から1990年頃まで時折放映された。DVDにも収録。

関連項目[編集]