命の恩人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

命の恩人(英:The Bodyguard)はトムとジェリーの作品の一つ。1944年7月22日公開。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

いつものように追いかけっこをしているトムとジェリー。その最中に、ジェリーに「助けてくれ!!」と声がする。それは、野犬狩りに捕まったスパイクの声だった。ジェリーは急いでスパイクを救出する。スパイクはジェリーに「ありがとう。君は命の恩人だ。もし君になにかあったら口笛をふけ。そしたらいつでも駆けつける。」とお礼を言って去っていく。

そして、ジェリーが歩いてると、トムが来て、ジェリーをサンドイッチのようにジェリーを食パンで挟み、ナイフで切ろうとする。ジェリーはすかさず口笛を吹く。するとすぐにスパイクが来て、トムを懲らしめる。

それからというもの、ジェリーが口笛を吹く度にトムはスパイクにコテンパンにされる。(途中でトムはジェリーを捕まえたが、トムの前方に雌猫がいたため、トムは思わず口笛を吹いてしまった。)業を煮やしたトムは、をつけた風船ガムをジェリーに食べさせる。するとジェリーは口笛が吹けなくなり、その隙にトムはジェリーに攻撃を仕掛ける。ジェリーはスパイクへ必死に訴えるが、全く効き目がない。

ジェリーが空気を思いっきり吸って吐くと、巨大な風船ができた。風船は割れて暴風となり、ジェリーはやっと口笛を吹けるようになった。恐怖に陥ったトムは墓を作って遺書を書き死んだフリをするが、スパイクは再び野犬狩りに捕まって連行されるところだった。それを追いかけるのはもちろん、トムとジェリーだった。

日本でのテレビ放映[編集]

TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。

関連項目[編集]