パパの教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『パパの教育』(That's My Pup、1953年4月25日)はトムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

内容[編集]

ブルドッグのスパイクは、息子のタイクに「犬にとって忘れてはならない、3つのこと」を教える。1つ目は「犬は人間の友達である」ということ、2つ目は「骨を埋める」ということ、そして、3つ目は「猫を追いかける」ということ。

3つ目を教えようとしたときに、トムがジェリーを追い回しながら近づいてくる。スパイクはタイクに手本を見せてやろうと、穴の側で待ち構えているトムに対して吠え付き、追いかけっこを始める。それを見たタイクは真似をしたがる。

息子の向上心を誇らしく思ったスパイクはトムに「俺はあの子に猫の追っかけ方を教えなくてはいけない。それでこれからお前を使って練習する。せがれが吠えたらお前は必死に逃げろ。いいな?」と無理やり同意させ、あわれトムはタイクの練習台にされてしまう。

迷惑千万のトムはそんなこと知るかとばかりに、再びジェリーを狙おうとしたり、スパイクが見ていない前でタイクを蹴り飛ばそうとする。一方、スパイクの話を聴いていたジェリーもまた、犬の吠え真似をしてトムを脅かそうとする。トムはジェリーを追い回していても、たかが子犬のタイクが吠える度に逃げなくてはいけない。

そのうちにタイクは逃げ隠れたトムを見つけると、尻尾を噛んでトムを引きずり回すようになってしまった。うんざりしたトムはタイクをバケツで塞ぐと、自分によく似た剥製から尻尾を拝借し、タイクを騙してポールに宙吊りにしてしまった。

タイクの怯える声を聞きつけたスパイクが駆けつけ、吠えた拍子に自身の頭に息子を落下させて救う。トムの仕業だと知ったスパイクは怒り狂い、ポールに油を塗った上でトムをしばき上げて追い詰める。スパイクに吠えられトムは柱の上へ避難するが、油が塗られているため滑り落ちてしまい、また吠え付かれて柱に上がっては滑り落ちる。

その後スパイクは息子に後を任せることにする。やがて日が暮れて夜になったが、いまだにタイクはトムに吠え付き、柱に駆け上がるトムは油で滑り落ち、また吠え付かれては上る。そんな「練習」をしているタイクの姿を、スパイクとジェリーは微笑ましく思いつつ眠りにつくのであった。

関連項目[編集]