おしゃべり子ガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おしゃべり子ガモ』(The Duck Doctor 1952年2月16日)は、トムとジェリーの作品の一つ。

スタッフ[編集]

内容[編集]

ある秋の日、数羽の渡り鳥・カモの群れが南へ飛び立っていた。そこにはまだ生まれて間もない子ガモもいた。そこへハンターのトムが現れ、子ガモに向かって銃を撃つ。撃たれた子ガモは羽を傷めうまく飛べず、落ちていく。それを見たトムは子ガモを捕まえようとするが、ジェリーが子ガモを自分の家に隠す。

ジェリーは傷ついた子ガモを起こす。その子ガモは落ち着きのないおしゃべりでジェリーに早口で今までの事情を説明した。ジェリーは子ガモを手当てした。しかし、外には子ガモの仲間たちがいるので、居ても立っても居られなくなった子ガモは、トムを素通りして飛び立とうとするも、まだ怪我が治っていなかったので飛ぶことができず、そのたびにトムに追い回され、ジェリーに介抱してもらう。

子ガモが諦めきれないトムはカモ笛を使って子ガモを騙す。騙された子ガモはジェリーの忠告も聞かず飛び出したので結局トムに撃たれてしまう。ところが、トムの撃った弾が牧場で食事をしていたブタに当たってしまい、その痛みで飛び上がったブタに押しつぶされたトムはペシャンコにされてしまう。

一方、子ガモはボロボロになりながらもジェリーの住処へ逃げ込む。外であった出来事を早口で捲し立てる子ガモに呆れたジェリーは子ガモの口を塞ぎつつ治療、今度は逃げられないように金床に結び付けた。そのころ、外ではトムがジェリーの住処で待ち伏せしていた。そして、またカモ笛を吹くと、また騙された子ガモが出てきた。しかし、子ガモは自分より重い金床を引っ張り出したので、ぶつかったトムはまたもやペシャンコ。

怒ったトムは銃を乱射して、子ガモを捕まえようとする。ところが子ガモとロープで繋がった金床が脅威となり上手く太刀打ちできない。かたや子ガモは怪我のことなどすっかり忘れ、無我夢中で飛び立とうとする。するといつの間にか飛べるようになっていた。しかし、金床の重みのせいで高く飛ぶことができない。チャンスを狙ったトムは真下から銃を撃つが、銃弾は子ガモと金床を結び付けたロープを切断してしまい、落下した金床が頭上に命中。ついにトムの敗北に終わる。

何とかトムから逃げのびた子ガモはジェリーに別れを告げて仲間とともに南へ飛び立っていった。ジェリーもトムからかっぱらったカモ笛を吹きながら、子ガモに別れを告げるのだった。