玉つきゲームは楽しいね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
玉つきゲームは楽しいね
Cue Ball Cat
監督 ジョセフ・バーベラ
ウィリアム・ハンナ
音楽 スコット・ブラッドリー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年11月25日
上映時間 約7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 復讐もほどほどに
次作 計算ちがい
テンプレートを表示

玉つきゲームは楽しいね』(Cue Ball Cat1950年11月25日)はトムとジェリーの作品の一つ。ハンナバーベラ期54作目。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

静まりかえったビリヤード場、トムはビリヤードを思う存分楽しんでいた。テーブルの穴の中で眠っていたジェリーは奇妙な音に目を覚ます。すると上から玉が降ってきた。

穴の中で玉に追われて頭にきたジェリーは穴の外に出るがトムに見つかってしまう。トムは巧みなビリヤードの腕を利用しジェリーをいろいろな方法で遊び始め、ビリヤード場の戦いが繰り広げられる。

穴の中にジェリーを追い詰めたトムはキュー(ビリヤードで玉を突く棒)で穴をつつき始めるが、ありあまって別の穴からはみ出たキューと共に針を持ったジェリーが登場し、トムは尻に針を刺されとびあがってしまう。

その拍子にテーブルの穴にはまってしまったトム。ジェリーはキューで15個の玉を突き始め、最後の1個を穴にはまったトムに飲み込ませた。